ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 2009年の自殺者数、過去最悪ペース

2009 .08 .01

2009年の自殺者数、過去最悪ペース

自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人(asahi.com)
今年上半期(1~6月)の自殺者数は1万7076人と、過去最悪だった03年に迫るペースであることが27日、警察庁のまとめでわかった。
生きテク - 自殺解決マニュアル自殺って、孤独で負の思考から抜け出せなくなってしまうのが一因としてあるかと。

全部がぜんぶ解決はできないだろうけど、「生きテク」さんを見てみるのは一助になるんじゃないかな。

» 生きテク - 自殺解決マニュアル

トレンドから分かるのは、もはや日本は「自殺大国」だってこと。
前年同期と比べて4.7%増。このままのペースで推移すると通年で3万4千人を超え、03年の3万4427人に迫る。男性は前年同期比で6.2%増の1万2222人、女性は同1.2%増の4854人だった。
痛ましいですね…。死に至ってしまう本人もそりゃあツライだろうけど、残された側も相当にツライです。父親に突然、首を吊られてしまった人なので。
翻って、自分にも自殺の因子があるかもと怖くなったし。

本人が精神的な孤独に陥らないように自覚したり、周囲が気を配ることが大事なんじゃないかと。人間て、ひとりじゃ生きてけないですからね。

▼参考リンク
平成21年の月別の自殺者数について(6月末の暫定値)PDFファイル(警察庁)

▼関連記事
30代の自殺過去最多 若い世代増加 08年警察庁統計(asahi.com)
内訳は、健康問題が1万5153人と最も多く、経済・生活問題7404人、家庭問題3912人、勤務問題2412人が続く。この順位は前年と同じだった。

健康問題の中でも、「うつ病」が6490人(7%増)と前年同様最も多かった。その内訳を年代別にみると、30代が1204人(21%増)で最多となった。一方、07年に最多だった50代は1161人(9%減)だった。
自殺の動機、最多は「うつ病」 警察庁まとめ(MSN産経ニュース)
平成20年の自殺者3万2249人のうち、「鬱病(うつびょう)」がきっかけとなった人が6490人となり、自殺の動機として2年連続で最多となったことが14日、警察庁のまとめで分かった。

« 取調調書を簡単に作れる「花子Police」発売 | ホーム | アソシエイトの料率変更はコストダウンが目的? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ