ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ユニバーサルサービスの利用者負担、来年も据え置きに

2009 .09 .24

ユニバーサルサービスの利用者負担、来年も据え置きに

固定電話の維持負担金、1番号あたり月8円に据え置き(asahi.com)
固定電話の全国網を維持するため、電話利用者が毎月の電話料金とともに支払っている負担額が、来年1月以降も1番号あたり月8円で据え置かれることになった。電気通信事業者協会が16日、総務省に申請した。同省は11月にも認可する見通し。
ひとまず2年連続の値上げは避けられましたよ、と。

とはいえ、ユニバーサルサービス制度が2008年度に過去最大の赤字を出している事実はあるわけなので予断を許しませんが。

いや、1回線当たり8円するおカネことだけじゃなしに、そもそも論として災害などの非常時に拠り所とできるのはホントに固定電話だけなんだろうか? という素朴な疑問もあったりするんですけどね。

▼関連エントリー
NTT固定電話事業の赤字が拡大

« SW、高速道路の渋滞はGWに比べ+120% | ホーム | ニコニコ動画、有料会員数が50万人を突破 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ