ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > ニコニコ動画、有料会員数が50万人を突破

2009 .09 .25

ニコニコ動画、有料会員数が50万人を突破

ニコニコ動画の有料会員数が50万人を突破、一般会員は1410万人に(BB Watch)
ニワンゴは、動画共有サービス「ニコニコ動画(ββ)」のプレミアム会員数が50万人を突破したと19日付で発表した。
おめでとうございます。月額500円(税抜)の50万人なので2億5千万円が毎月チャリンチャリ~ンと入るわけですね。

とはいえニコ動はまだ赤字。ひろゆきの『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』によれば、新しい企画もやらず利益の範囲内で運営すれば短期的な黒字は今すぐにも実現可能だけど、そうすると10年後もニコ動が存続しているかは微妙。そのため将来のユーザー増と、より安定的な黒字化のためにあえて赤字を出しつつもインフラ整備などを続ける運営をしているということ。

目先の利益も、将来のビジョンも、どちらかだけでなく、どちらも大事なことです。
今回のプレミアム会員数50万人突破を記念し、ニワンゴでは、サービス開始初期に会員登録したユーザーやキリ番で登録したユーザーを紹介する動画を作成し、プレミアム会員および一般会員向けに公開した。また、50万人目のユーザーには感謝状を送付する予定という。
ユーザーフレンドリーというか、ニコ動のこういうアプローチは好き嫌いが出るところでしょうけど、個人的にはユニークだなと思います。

Youtubeに接続拒否された時は面白いオモチャがなくなったなぁって思ったものですが、あれよあれよと一人立ちしてきてますよね。

間違いなく、この国が世界に誇れる個性的なビジネスモデルでないかと(少々アクがありますが…)。いちユーザーとして今後の発展を祈念しておりますです。

しかし1,410万登録会員中、有料会員を50万としても3.5%。そんなもんですかねぇ。有料課金サービスを考える上で考慮しておきたい数字です。

▼参考リンク
ありがとう!プレミアム50万人突破(ニコニコニュース)



僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
ひろゆき
扶桑社
売り上げランキング: 1212

« ユニバーサルサービスの利用者負担、来年も据え置きに | ホーム | ネットショッピング調査、頻度は上昇、金額は減少 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ