ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「訳あり」も今や定番商品?

2009 .04 .26

「訳あり」も今や定番商品?

多量で激安!不景気で人気の“ワケあり”食品とは?(関西ウォーカー)
好転の兆しが見えないこの不景気の中、3200万点以上の商品を扱う日本最大級のネットショップ「楽天市場」では、最近になって検索ワードでも上位に急浮上した「ワケあり」食品が注目を集めているという。
「今さらぁ?」って感じの見出しですけど元記事の掲載日は4月24日です。まだ新鮮なワードなんでしょか。意外にもAmazon アソシエイトブログでも最近(4月22日)取り上げてますね。

「訳あり」の話題、ブログ検索してみたら去年の12月に書いてました。4ヶ月以上も報じられてるので「訳あり商品」はもう定番ラインナップとして認知されたんじゃないかと思うんですけどね。

一応、改めて「訳あり」の定義を引用しておきます。
「ワケあり」商品とは、賞味期限が迫っている、パッケージにちょっと傷が付いているなど、品質には問題がないが正規の価格で販売できない商品のこと。激安価格なうえに量も非常に多いというお得感が受け、近年こういった商品を扱うネットショップが人気となっているのだ。
元記事は関西ウォーカーなんだけど、関西圏では目新しい話題だったりするのかな。

▼関連エントリー
「訳あり」が人気とのこと

Amazon.co.jp: 訳あり - 食品&飲料 Amazon.co.jp: 訳あり - 食品&飲料: 食品&飲料

DIMEx楽天市場 「訳あり商品カタログ」


« 都内最大級となる「ユニクロ 新宿西口店」オープン | ホーム | 麻生久美子フィーバー »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな。:

どの企業も、情報を操作しまくりの時代ですからねー。

それに気が付かないで流されてしまう人の多いこと。

>かたな。 さん

各サービスのPRを担当してるチームと同じ部署なのでいろいろ見えますな。

メディア掲載は広告と違って、おカネ払えば意図した内容で掲載されるってわけじゃないので「情報を操作」ってほどではないんですけど、なるべく企業側の意図通りに掲載されるようがんばるわけなので「操作」的な色合いも出ますね。

落ち目とは言え、テレビ・新聞・雑誌といったマスメディアの影響力はまだまだ巨大です。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ