ホーム  > オンライン書店・本屋  > ブックオフオンライン、初の単月黒字を達成

2009 .02 .17

ブックオフオンライン、初の単月黒字を達成

「ブックオフオンライン」会員が45万人に、1月は単月黒字化(INTERNET Watch)
ブックオフコーポレーションは10日、同社子会社のブックオフオンラインが運営するECサイト「ブックオフオンライン」が初めて単月黒字を計上したと発表した。2009年1月の月間売上高は1億7800万円で前年同月比で7200万円(68%)増加、営業利益は約400万円で同じく4600万円増加した。
ブックオフオンライン

1億7,800万円の月商で単純計算してみると日商約570万円。決して大きな規模じゃないけど、新規事業は3年でクロを出せれば合格点ともいわれる中、2年を待たずに(単月とはいえ)黒字に転換できたのはすばらしい。

大体にして伸びがすごい。
単月黒字化は、2007年8月のサイトオープンから18カ月めで達成した。登録会員数は毎月3万人ペースで増加し、1月時点で約45万人。前年の4倍に増加した。
「オトナ買い」や「タメシ買い」は言うに及ばず、買い取り用のダンボールまで商品として販売するアグレッシブさは見習う点が多いと思いますね。

でも記事中で「営業利益は約400万円」とあるけどこれは1月の月商1億7,800万円に対しての利益なのかな。ホントに? そしたら営業利益率が2%とかってことになるんだけど…。

ブックオフ本体はめちゃくちゃな利益率って感じだったので、ブックオフオンラインもさぞや利幅があるんだろうなって思ってたんだけどな。

» ブックオフの利益率 | That's Life -Day's-

配送やシステム投資など、とかくECはコストがかかるので損益分岐点がだいぶ高めなんだけど、それはブックオフオンラインでも同様ってことなんですかね。

ともあれ、ブックオフグループとしては中古のみならず今や新刊本も洋書も取り扱える、かなり最強の本屋に近い場所にいるわけなのでいろんな可能性を見せてもらいたいと思ってます。

▼関連エントリー
新品も取り扱う「ブックオフオンライン」オープン
ブックオフオンラインの新刊供給は太洋社から
15冊で777円。ブックオフオンラインの「タメシ買い」

ブックオフオンライン

« 昨年より9日早く、花粉シーズン到来 | ホーム | Google日本版のトップページがリニューアル »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ