ホーム  > オンライン書店・本屋  > 新品も取り扱う「ブックオフオンライン」オープン

2007 .08 .02

新品も取り扱う「ブックオフオンライン」オープン

ブックオフが中古販売サイト 「オトナ買い機能」も(ITmedia News)
ブックオフコーポレーション子会社のブックオフオンラインは8月1日、ECサイト「ブックオフオンライン」を開設した。「国内最大規模の中古販売サイト」としており、中古の書籍、CD、ゲームを扱うほか新品も販売する。
ブックオフオンライン新品も買えるブックオフ。ちょっといいかも。

ニュースリリースでも売りにしている、巻数の多いコミックなどを新刊・中古合わせて最安値で一括購入できる「オトナ買い機能」はビーケーワンやセブンアンドワイでもよくある「複数商品一括買い物カゴ投入」と基本的に同じものだけど、さすがに同一店舗で中古・新品を扱ってるだけに新品・中古を組み合わせて、「最安値で」一括購入ってところがステキ。シリーズもの全巻フラグでも持ってるんだろうか。
オンライン販売専用に確保した20万タイトル・50万点の中古書籍、コミック、雑誌、CD、DVD、ゲームを販売するほか、ブックオフグループとして初めて新品も扱い、DVDやゲームなどの一部の商品は予約販売も行う。
取り扱い商材はあ郊外店型の本屋のそれだけど中古併売はなかなかないので便利でしょうね。

あとはどこかで見たような「入荷お知らせメール」も機能としてあるけど、単にメールが届くだけでなく、Myページに商品が反映されるのがステキ。先行他社のサービスをより良くして取り入れてますね。

トップページの「アクセスランキング」も昔の楽天ブックスみたい。うまく制御しないと肌色が強いランキングになったりするんですよね。。。

「新作商品の一覧」は当日発売タイトルが書籍、コミック、雑誌、CD、DVD、ゲームと商材別のタブで表示されてます。本とかはサイトオープンから日が浅いためか2日分一覧になってますね。RSSも配信してたりと結構イマドキの機能を備えてます。スゴイ。

てか商品データベース、ゼロから作ったくさいな。これが一番スゴイ。

出版業界紙「新文化」によると
ブックオフの子会社ブックオフオンラインが運営するネット販売サイトが8月1日にオープン。本やCDなどの中古商材に加えて、本・DVD・CD・ゲームの新品も扱っている。新品商品の在庫数は30万タイトル・50万点。新品本の取引先については「経営情報に当たるので話せない」(社長室)としている。
とあり、新刊書籍をどこから仕入れてるのか明らかにされていません。

中古最大手のブックオフが新刊も販売するとなると業界的に相当アレルギーがありそう。でも最初は嫌われてでもそれを乗り越えてきたところが勝ってるですよね。。。

てかイー・ブックオフってあるけどどう違うのかよく分かんなかったんだけどasahi.comによると
別会社がブランド名を使って運営する「イー・ブックオフ」とは併存する形になる。
とのことで別な会社が運営するサイト、ということらしいです。

イー・ブックオフの会社概要を改めてみて見ると運営会社はネットオフ株式会社で、たしかにブックオフコーポレーションも出資してるけどほかにもトヨタ自動車や三井物産、サイバーエージェントにベンチャーキャピタルも入ってる。どう共存してくんでしょうね。

しかし↑を調べるんでググッたら「ブックオフオンライン開店」ってAdwordsが出たぞ。オープン初日にちゃんとSEMにも手を回してる。

ブックオフって外見にそぐわず相当うまい運営をしそうだな。。。

▼関連記事
ブックオフ、国内最大規模の中古販売サイトを開設(asahi.com)

« アマゾンの新物流センターが10月に開業 | ホーム | コスプレ「しょこたん」が外務省訪問 「おじさん感動」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ