ホーム  > 気になるニュース  > 赤福がネット販売を準備中

2009 .02 .02

赤福がネット販売を準備中

赤福餅ネット販売へ 「当日製造、当日販売」の掟破る(asahi.com)
消費期限の偽装問題などで揺れた和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)は、今春から赤福餅のインターネット販売を始める。赤福餅は「当日製造、当日販売」が原則だが、消費者の要望に応える形で「掟(おきて)」を破る。夏場を除いた時期に限定し、製造の翌日に届く地域からの注文を受け付ける。
消費期限の偽装が発覚して処分を受けてなお根強い人気を誇る赤福がネット販売を準備中とのこと。
これまでも、店頭で大量に購入した人のために有料で宅配サービスを実施してきたが、ネット販売は初めて。製造日の翌日に宅配できる地域が対象となる。ホームページ上で料金の決済もでき、宅配が不可能な地域も表示することにしている。
日本人は事件を忘れっぽい気質があるとは思いますが、それにも増して強力な商品力があってのことですね。

多分ぼくが食べたのは消費期限の偽装が行われていた時期だったと思うんですけど、おなかを壊したわけじゃないしうまかったです。今思えば、日数が経ってるはずなのに柔らかかったというのもすごいな。

ウソが嫌いなので消費者を騙すような企業姿勢は嫌いだけど、赤福餅という商品は好きですね。なので東京にいながら取り寄せられる今回の取り組みはウェルカムです。

少なくとも発送不可能地域が今より狭まることはないと思うのでネット販売が開始されたら注文してみようと思います。

あ、でも商品力にあぐらかいてるとまた足元すくわれますよ。慢心が最大の敵です。

▼参考リンク
ご購入・宅配について(赤福)
発送不可能地域(赤福)

▼関連エントリー
赤福、恒常的に「偽装」

« ギャートルズ肉、「肉の日」の再販売に向けひたすら仕込み中 | ホーム | 浅間山、噴火 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ