ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > テレ朝が番組用ブログを自作自演

2009 .01 .17

テレ朝が番組用ブログを自作自演

テレ朝、番組用にブログを自作(MSN産経ニュース)
テレビ朝日系のバラエティー番組「情報整理バラエティー ウソバスター!」で10日紹介したインターネットのブログが、放送用に自作したものだったことが12日、分かった。
だいぶ話題になってたけど今さらながらに。
広報部では「記載自体は実際にあったもので、捏造(ねつぞう)ではないが、視聴者に誤解を与えかねない手法。ナレーションやテロップで事実関係を説明すべきだった」としている。
はい、大事なトコもう1回。
誤解を与えかねない
誤解も何も明らかに事実誤認させてるじゃん。捏造じゃなければ自作自演は容認されるの? マックの「クォーターパウンダー」と同じですねぇ…。

売り手側(この場合は情報発信側)が手段としてしか認識してないからお客さん(この場合だと視聴者)に対しての配慮が漏れる。でもお客さん側もすぐに忘れちゃうんですよね…。だから繰り返される。

ぼくは忘れたくないからこうしてログを残しておく。

ひとりでも、情報に惑わされない消費者になりたいから。

▼関連エントリー
マックの「クォーターパウンダー」の件

« 高速道路が上限1,000円と大幅値引きへ | ホーム | 女試し。 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ