ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 火星探査機フェニックスが活動停止

2008 .11 .21

火星探査機フェニックスが活動停止

フェニックス、通信途絶え探査終了へ(AstroArts)
NASAの火星探査機フェニックスは、11月2日を最後に通信を絶ったままである。NASAは、探査機との交信が復活する可能性はないと見ており、ミッションの終了を発表した。
火星探査機フェニックスが日照不足による太陽電池への電力供給不足により活動を停止したとのこと。フェニックスは火星に水を発見するという偉業を遂げてくれました。
フェニックスの探査で重要な発見といえば、水の氷や弱アルカリ性の土壌、さらに液体の水が流れていた証拠と考えられる炭酸カルシウムや、土壌に含まれる高濃度の過塩素酸塩などもあげられる。
当初の活動予定を2ヶ月も越え5ヶ月もの間、貴重なデータを地球に送ってくれました。火星に春が訪れたらひょっとして活動再開できるかも知れないけど・・・。

フェニックスが届けてくれた知らせにワクワクできたことに感謝します。
ありがとうフェニックス。お疲れさま。

▼関連記事
火星探査機フェニックス、活動停止(MSN産経ニュース)
火星探査機「Phoenix」、ミッションを終了(CNET Japan)

▼関連エントリー
火星に生命が存在した?
火星に水!

« ジェリー・ヤン、Yahoo.comのCEOを辞任 | ホーム | ソフトバンク携帯の取説、厚さ1/3へ削減 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ