ホーム  > オンライン書店・本屋  > あおい書店が帳合をトーハンに変更

2008 .10 .02

あおい書店が帳合をトーハンに変更

あおい書店、11月1日めどに40店をトーハン帳合へ(新文化)今週明け、出版社などに対し、あおい書店の日販帳合店40店が11月1日からトーハンに帳合変更する旨を通知。
ふつーの人にはまったく関係ない話題なんだけど、世話になった会社でもあるので。

しかし、書店チェーンが店舗すべてで帳合(取り引きする取次ぎ会社)を変更するってのは大事(おおごと)。日販べったりでやってきたのずっと見てたのでちょっと驚きましたね。
帳合変更で約100億円の売上げがトーハンに移行する。
お店ひとつひとつは小さいけどまとまると無視できない額だものねぇ。

とはいえ書籍取次ぎは事実上、トーハン、日販の二大寡占なので取り引き相手を乗り換えることを商取引のカードにしてもあまり効果がなくなってきてるんだよね。

大阪屋とか栗田が手を組んでいく話しもあるようだけど、呉越同舟だろうと合従連衡だろうと適切な競争のもとに業界は成長するものなので他の取次ぎにもがんばってもらいたいところ。
まあ再販と委託の元では変えようとしても難しいものがあるだろうけど。

でも、本(も雑誌も)はまだまだ売れると思うし、でも規制に甘んじていては業界自体が縮小していくのは見えてることなのでぜひ自ら変化していって欲しいです。

▼参考リンク
あおい書店

« スタバの缶コーヒーが日本でも発売 | ホーム | Amazonが「Amazon MP3」でgoogleと提携 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ