ホーム  > 小ネタ  > ネタはネタで終わらず

2008 .04 .16

ネタはネタで終わらず

シックス・アパートが住職を採用?--公開面接を実施(CNET Japan)
シックス・アパートは4月1日、社員の心の安定に努める役割を担う「住職」の募集を自社のホームページで開始した。募集は予定通り同日終了したが、募集要項を満たす方からの応募を受け、急遽4月11日、住職の公開面接(シックス・アパート オープンハウス)が実施されることになった。
今年のエイプリル・フールネタで個人的にツボだったのがシックス・アパートの「住職の募集」。あまりにしっかりした募集要項だったので同じ4月1日にリリースされたブルーレイ・アパートとあわせてホントの記事かと(一瞬)思ってしまいましたよ。

で、このネタに本気(マジ)で応募してきた方がいらしたとのこと。すごいキャリアなんですけど。
現在は某外資系IT企業に在籍中。留学経験をお持ちで英語も堪能とのこと。米Six Apartとのコミュニケーションにも問題はなさそうだ。もちろん、少僧都資格を保持している。
何者…。

応募の動機が「募集を見て、シックス・アパートの社員さんは病んでいるのか、僕は必要とされているのかもしれないと思った」ってあなたスゴ過ぎ。

このマジレスをネタはネタと一蹴せず「住職の公開面接」ってイベントにまで昇華させたシックス・アパートもすごい。てかすばらしい。さすがコミュニケーションツールの会社です。

ネタをネタにユーザー参加型のイベントと企業PRにまでまとめあげるフットワークの軽さと柔軟さは見習いたいものですね。

▼参考リンク
4月11日に「住職の公開面接(シックス・アパート オープンハウス)」を実施へ(Six Apart - 広報ブログ)
住職の公開面接とオープンハウスの様子(Six Apart - 広報ブログ)

▼関連エントリー
4月1日

« Gmailがiモードとディズニー・モバイルの絵文字に対応 | ホーム | セール情報も一覧できる「楽天カレンダー」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ