ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > セール情報も一覧できる「楽天カレンダー」

2008 .04 .18

セール情報も一覧できる「楽天カレンダー」

楽天がカレンダーサービス開始、今後はサービス利用履歴の一元管理も(INTERNET Watch ホームページ)
楽天は14日、個人のスケジュールをオンライン上で管理できるサービス「楽天カレンダー」ベータ版の提供を開始した。無料の楽天会員に登録すれば利用できる。
楽天カレンダーBETAこれはよさげです。基本機能としては自分だけで使う「プライベートカレンダー」と、データを一般に公開して他のひとと共有する「みんなのカレンダー」があるんですけど、楽天市場のセールやキャンペーン情報が一覧できる「テーマ」が激しく便利ですね。

楽天のキャンペーンカレンダー
楽天のキャンペーンカレンダー

ポイントアップキャンペーンはチェックしておきたいんですけど、1日に何通も届く楽天からのメールを全部は見てられないので。そうすると見落としも出てくるんですよね。

急に開催されるキャンペーンはともかくも、差しあたって予定されているポイントアップキャンペーンが月単位で一覧できるのはいいですね。

最初、カレンダートップからログインしたら「携帯メールアドレスも登録しろ」って怒られてイラっとしたんですけど。
ケータイメールを使わない(使えない)ひとなので登録してないだけなのに。

でも他のサービスでログインしてたかなんかでログイン状態のままカレンダーに遷移してきて「Myカレンダー」タブをクリックしたら使えましたけど。ちゃんと「個人用カレンダー」に予定も書き込めたし。ケータイアドレスは登録してないままなんですけどね。

ソーシャルカレンダーとしては、飲み会とかイベントの共有スケジュール帳として使っていくかも知れないけどメールがうざい楽天のサービスなので当面はスタンドアローンな予定帳として使ってみますかね。
今後は、楽天市場の出店者向けに楽天カレンダーを提供し、ユーザーが各店舗のキャンペーン情報を楽天カレンダーに取り込めるようにするという。さらに、楽天市場における購入商品の到着日や購入履歴、楽天トラベルの宿泊予約日などをカレンダーに自動登録するなど、サービス利用履歴の一元管理化も進めるとしている。
楽トラの宿泊予定も一元管理できるとすごく便利。今後の実装に期待です。

カレンダー機能の充実を突き進めて行くといちいち楽天市場のページに行く必要がなくなるかもですね。

▼関連記事
楽天、1クリックで予定を追加できるカレンダーサービスを開始(ITpro)
楽天がソーシャルカレンダー ワンクリックでイベント情報取得(ITmedia)

« ネタはネタで終わらず | ホーム | 草思社、文芸社の子会社として再建へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ