ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 「楽天メッセンジャー」事業化見送り&子会社も解散

2007 .12 .26

「楽天メッセンジャー」事業化見送り&子会社も解散

「楽天メッセンジャー」事業化見送り、会社も12月末で解散(INTERNET Watch)
楽天は20日、同社100%子会社の楽天メッセンジャー株式会社を12月31日で解散すると発表した。5月からβ版として提供してきた「楽天メッセンジャー」のサービスは20日付で休止し、正式版としての事業化はいったん見送る。
「楽天メッセンジャー」サービス終了「楽天メッセンジャー」がサービスを終了させていたことは「楽天メッセンジャー」サービス終了で触れていた通り。正式にアナウンスされた形ですね。

今年4月27日に設立されたばかりの子会社「楽天メッセンジャー株式会社」も12月末で解散とのこと。9月末までに約1億円強の営業赤字が発生しているそうです。

IM(テキストチャット)とIP電話による音声チャットも可能という面白いサービスだったんですけどね。Windows版のI.Eでしか使えなかったのでせめてFirefoxに対応してくれれば使いたいなーと思ってたところでした。

しかしホント早すぎやしない? 繰り返すけど少なからず利用者もいたわけだし。
思ったほど加入者が集まらなかったというのもあるんだろうけど、ユーザー軽視という姿勢しか見えない。

こういうのを見ると、やっぱり最良のサービスというのは「利用者がいる限りサービスを続ける」ということだと強く思う。

▼関連記事
「楽天メッセンジャー」休止、事業化見送り(ITmedia News)

▼関連エントリー
「楽天メッセンジャー」サービス終了
楽天、無料音声通話も可能な「楽天メッセンジャー」開始

« 「白い恋人」連日完売 | ホーム | 麻生久美子、ご結婚 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ