ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 楽天の代金全額補償ってダメじゃね?

2007 .11 .23

楽天の代金全額補償ってダメじゃね?

楽天のショッピング全額補償、ユーザー評価の低い店舗は対象外(ITmedia News)
楽天市場で代金を支払ったのに商品が届かなかった場合に「100%補償する」という「楽天あんしんショッピングサービス」が始まったが、規定をよく読むと、対象外になる場合もある。
「楽天、購入代金50万円までを全額補償」というエントリーで触れていた楽天の「楽天あんしんショッピングサービス」。エントリーを書いていた時に気づいてなかった「保障外の穴」がありますね。ITmedia グッジョブ!

楽天のユーザー数を考えれば多くのひとが知ってなきゃいけないことですね。
サービス解説のトップページには赤文字で「100%補償するサービスが始まる」などとあるが、同ページ内のリンクテキスト「楽天あんしんショッピングサービス詳細の規程はこちら」をクリックしてサービス規定を見ると、「第4条(補償金を支払わない場合-その他の事由)に、「出店者のお買い物レビューページに、利用者の商品購入の時からさかのぼって2週間の間に、☆2個以下の評価が複数存在していた場合」と記載されている。
↓ここ。
「楽天あんしんショッピングサービス」の落とし穴

記事によると楽天広報部では「トップページで、規定を全て挙げると量が多くなって分かりにくくなるため、サービスのポイントをだけを伝え、細かい条件などをサービス規定のページにまとめた」と説明しているとのことですが自分たちに有利な点しかアピールしないのは利用者軽視も甚だしい。

お金を払ったのに商品が届かないといった問題がおこる可能性がある店舗はショップレビューの評価が低いもの。そうした店舗での買い物を保障しなくて何を補償対象とするんだか。

前のエントリーで
自社のシェア拡大を目指すあまりにECに対するユーザーの期待や信頼を損ねることにならないように。それだけは頼みたいです。
って書いたけどホント自分たちのことしか考えてないんだろうか。

また問題がおきてからしか対応しないんだろうか。下手に上場してしまうと株価ばかりを気にする経営になってしまうんだろうか。

お客さん(ユーザー)あっての商売なんだからユーザーは一番のステークホルダーだと思うよ。

« 「白い恋人」販売再開 | ホーム | それでもやっぱり他人のギャラは気になるもので… »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ