ホーム  > このブログについて  > 雑記とかお知らせ  > それでもやっぱり他人のギャラは気になるもので…

2007 .11 .26

それでもやっぱり他人のギャラは気になるもので…

三連休だってのに散発散髪したらえりあしが寒くてまた風邪ぶり返したみたいでこんなことなら会社でインフルエンザの予防接種をちゃんと受けとけばよかったと軽く後悔しつつも休み明けでこんもりたまった仕事を何とか終えてフラフラになりながら変に生きてる実感を感じてる今日この頃ですが。

普段は「おカネよりも志」って考えてるけどそれでもヘトヘトでいささか弱った時には↓こういう情報が気になったりするもんです。

[を] 「日本人の給料」メモ
「PRESIDENT 2007.12.3」の特集「日本人の給料」より、ITエンジニアなどが興味を持ちそうな数字をピックアップ。
ヤフーとか楽天って「生涯賃金」が3億円を超えるんですかぁ。「生涯」って期間が何年かは分からないけど。

一緒に記載されている「2006平均年収」で割っちゃったら50年とかになるので昇給とかをちゃんと考慮しなきゃいけないね。でも図示されてる表を上から見ていくとヤフーとか楽天、ライブドア、サイバーエージェント、ミクシィ、ドワンゴ、ドリコム、ひとつあいてソフトバンク。社歴が10年とかの会社で生涯賃金っていってもちょっと実感わかないよね。そもそも3億とかが想像できん。。。

まあ『プレジデント』を買えば書いてあるのかも知れないけど立ち読みすらする気になれないなぁ。気にはなるけど。まあそんなもん。

所得格差が広がってきてる中でヤフー614万円、楽天586万円っていう平均年収はいいほうなのかも知れないけど。

近藤さんがカンブリア宮殿で話してた「利益はゴハンみたいなもので、無かったら死ぬけど、食べられないほどあってもしようがない」ってコトバ、「利益」を「おカネ」と置き換えて記憶してた。でも意味は通じるよね。

うちはおカネはないけどとりあえず今日のゴハンに困るわけじゃない。でも会社に不満はたくさんある。やりたいことも出来てない。でも「やりたいことって何?」を自問自答してる毎日。だから結局目標とか目的が自分の中でまだまだ見出せてないんだと思う。

おカネはひとつの尺度だけどそれに縛られたくない。自分が打ち込めて、それで誰かがよろこんでくれて笑顔でゴハンが食べられたらいいな。

競争や搾取じゃなくて、前に進んでいきたい。まだまだ悩みは多いね。でもそれが「生きてる」ってことなのかも知れない。

自分がどこにいるかを確かめたくてこうして世の中のことを知っていたいのかも知れない。

▼参考リンク
楽天の求人・企業情報│仕事人(ジョブじん):平均年齢:30歳/平均年収:¥5890000
ミクシィの求人・企業情報│仕事人(ジョブじん):平均年齢:29歳/平均年収:¥5260000

« 楽天の代金全額補償ってダメじゃね? | ホーム | 北極の「海」が見える… »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ