ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 北極の「海」が見える…

2007 .11 .27

北極の「海」が見える…

史上最小の北極海海氷、上空1万メートルから機長撮影(YOMIURI ONLINE)
急速に進行した海氷の「大崩壊」を鮮明にとらえており、航空機からの同種の写真は極めて珍しいという。
他人のギャラもそりゃ気になるわけなんだけど、この北極の写真って何? めちゃめちゃ海面が見えてるよ!? やばいよコレ。
同機構によると、今夏の海氷は9月24日に425・5万平方キロ・メートルまで減少し、05年9月の過去最小面積を106万平方キロ・メートル下回った。
氷は解けてるし砂漠は広がってるし、今年の夏は記録的な猛暑とか日本の四季もおかしくなってきてるし。

目で見えないと実感できないほどヒトは愚かだけど目で見えると少なくとも認識と理解はできる。

えっと、何からできる? …とりあえず『不都合な真実』でも読んでみようか…。

不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機
アル ゴア 枝廣淳子
ランダムハウス講談社 (2007/06/27)
売り上げランキング: 3992

« それでもやっぱり他人のギャラは気になるもので… | ホーム | ミシュラン狂騒曲 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ