ホーム  > 小ネタ  > 便利ツール  > 東北3県の新聞社によるニュースアプリ、「Smile News」

2013 .03 .13

東北3県の新聞社によるニュースアプリ、「Smile News」

東北の今が分かるニュースアプリ、読めば被災地に花が咲く(ITmedia ニュース)
福島民報社(福島県)、河北新報社(宮城県)、岩手日報社(宮城県)で構成する「スマイルとうほくプロジェクト」は3月11日、東北の「今」が分かるニュースアプリ「Smile News」を公開した。
これはいい取り組み。

スマイルとうほくプロジェクト

» スマイルとうほくプロジェクト

「3.11、今年はあまり盛り上がらなかったね」

今日、一緒にランチをとった福島出身の同僚が口にした言葉です。

静かに過ごしたい地元の住民感情もあるし、いたずらに盛り上がればいいわけではないでしょう。一方で、あの日の記憶が薄らいできている印象を強く感じています。

・その土地の事情を顧みずに土足で踏み込むのはやめて欲しい
・けれども支えは欲しい
・関心が薄れたり、忘れられたくはない

わがままかも知れないけど、東北の人たちにはこうした思いが多いかと思います。

日々様々なニュースが報じられる中で、東北の「いま」は遠い場所のことのように思われてるのではないか──東京で暮らしてると、そうした印象が強まります。
記事を読めば読むほど笑顔の花が育ち、花が咲いたら、ユーザーのネームプレートつきのの花が実際に被災地に植えられる。花が植えられると、プロジェクト事務局から、写真つきのお礼メールを送信。プロジェクトメンバーやNPO、行政機関などが花を育てる。
ちょっとしたことでいいので、関心を持ってもらいたい。みなさんの支えがあって、今やっとスタート位置くらいに着くことができたんです。やっと、これから。

東北の「いま」を伝える方法、知ってもらえる方法は、たくさんあって欲しいな。

▼参考リンク
smiletohoku(Twitter)
SmileNews(iTunes App Store)

« 納谷悟朗、死去 | ホーム | Googleリーダー、2013年7月1日でサービス終了 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ