2013 .03 .11

あれから2年

あれから2年経った今も、実家の時計はあの時から止まったまま。

あれから2年

時計の針は止まっても、それでもぼくらは生きている。もがいてでも生きていくことが人間の営み。それが生きてるぼくらの責任でもある。ツラいこともあるけどね。

今日を、生きよう。

« アレグラの副作用には「悪夢」がある | ホーム | 納谷悟朗、死去 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ