ホーム  > 気になるニュース  > apple  > Appleマップの次期アップデートは日本も対象らしいけど、、、

2013 .02 .07

Appleマップの次期アップデートは日本も対象らしいけど、、、

アップル、「iOS 6.1.1」で日本向けに地図の修正を追加か(CNET Japan)
9to5Macが公開した変更履歴によると、このアップデートには、Apple製地図ソフトにおける日本ユーザー向けの変更として、次のような内容が含まれているという。
元記事も読んでみたけど「修正」って意味合いは見当たらず。「enhancement」とか「improvement」というように、「改善」という位置づけになってますね。

というわけで、この先「iOS 6.1.1」がリリースされたとしても、Appleマップのとんちきな表示がどこまで改善されてるかは未知数な感じです。むぅ。

どうやらカーナビ的な機能・データの改善に主眼が置かれているようです。
  • ターンバイターンの道案内における道路名の発音を改善
  • 狭い道路ではなく幹線道路を推奨するように道案内を最適化
  • ターンバイターンの道案内において有料道路が近づいていることを通知
  • ジャンクション、インターチェンジ、高速道路の入口ランプおよび出口ランプ、交差点のラベルを追加
  • 高速道路の色を緑に修正
  • 消防署、病院、郵便局などのロケーションカテゴリの一部アイコンをアップデート
  • 駅、地下鉄の路線、信号などを示す標識を追加
  • 東京駅、皇居、東京タワーなどの3D表示を追加
まあiPhoneをカーナビ替わりに使いはするのでこうした改善も有用ではあるし、いまだにサンシャインみたいな高層ビルとして表示される東京タワーがちゃんとした3D表示になるのもいいけど、根本的な問題はデータ精度のイケてなさですから。

引き続き、かつ迅速にデータ修正も行なっていただければと切に願うところです。

« ヒートテックが常夏の東南アジアで売れる理由 | ホーム | 麻生久美子がベルメゾンのCMに登場 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ