ホーム  > google , 小ネタ  > ロジックが気になりすぎる、Google翻訳の関西弁

2013 .02 .05

ロジックが気になりすぎる、Google翻訳の関西弁

Google翻訳に関西弁をしゃべらせるライフハック(ねとらぼ)
きっかけとなったのは2ちゃんねる「ニュース速報(VIP)」板に立てられた「Google翻訳でwhere do you go andっていれてみろwwww」というスレッド。入力してみると「あなたはどこに行くんや」という翻訳結果が! こ、こいつ関西弁を喋るぞ!
「あなた」じゃなくて「あんた」だろ、っと思いつつも、「行くんや」が語尾上がりの発音で妙に自然。つかGoogle翻訳もスゴいけど、見つける方がスゴいわ・・・

Google 翻訳

» Google 翻訳 (ページ上の赤丸のスピーカーをクリックすると音声が聞けます)

これ、英語→日本語の翻訳なんですよね。ひらがな混じりの和訳って何やねん。
スレッド内ではさらに研究が進み、「in do」が「やるで」、「ええin feeling or」が「ええ感じやで」になることが判明(ちなみに「in feeling or」だと「感覚やで」)。詳しいメカニズムは不明ですが、単語を「in」と「or」で挟むと「やで」という関西弁に翻訳されることが多いようです。
ともあれ、「ええ感じやで」に至っては、さらに自然なイントネーションです。

形態素解析と音声合成が生み出した偶然なんだろか。むぅ・・・気になる。

« 立春の今日、花粉も春の訪れを告げる | ホーム | ヒートテックが常夏の東南アジアで売れる理由 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ