ホーム  > 気になるニュース  > 立春の今日、花粉も春の訪れを告げる

2013 .02 .04

立春の今日、花粉も春の訪れを告げる

立春、暦どおりの朝 桜、タンポポ早咲きも(MSN産経ニュース)
4日は暦の上で春が始まる二十四節気の「立春」。列島を覆っていた寒気が抜けたことなどから朝の最低気温は全国的に3~4月並みの地点が目立ち、中には5月並みとなった所もあった。
明け方や日暮れの風はまだ肌寒いものの、そういえば日中はあたたかでした。
ついこの間は東京でも大雪で難儀してましたが、季節は巡ってますね。

一方、春の訪れを告げる悲しいお知らせも。
東京・埼玉・栃木・群馬が花粉シーズンに突入、花粉観測ロボで飛散確認(INTERNET Watc)
株式会社ウェザーニューズは4日、東京都、埼玉県、栃木県、群馬県が花粉シーズに突入したと発表した。4都県で3日、一定量の花粉の飛散が確認され、今後飛散が徐々に増える見通しだという。
どちらかというと個人的には、まだ寒かった先週の方が目が痒くてしかたなかったんですが、そうですか、ついにツラいシーズンが到来しましたか・・・
2月1日ごろに東京都内の4割以上の観測点において、さらに3日は同じく約8割の観測地点において、花粉に敏感な人が症状の出始める花粉飛散量(10個)を越えるレベルに達したという。
ここ数年、花粉症の症状はだいぶ落ち着いてて薬を飲まなくても平気なことが多かったけど、今年は出だしからキテる感じです。たぶんストレスも関係あるかなあ。
まあ根拠はないですが。ストレス過多な時期は風邪もひきやすいんですよね。

そうそう。立春のあたりが実は一番寒くなったりします(明後日は雪の予報も出てるし)。ちょっとした暖かさに油断すると体調を崩しやすい季節でもあります。
ウェザーニューズによると、昨年よりも寒気が緩むタイミングが早かったため、昨年に比べて1週間ほど早い花粉シーズン突入になった。飛散のピークは関東地方で3月上旬と予想している。
ともあれ、シーズンインが早まったなら終わりも早まって欲しいものですね。

恐らくゴールデンウィークあたりまで続く、花粉とのお付き合い。
快食快眠で体調を整えて、何とか乗り切りましょう>ご同輩の方々。

▼関連記事
花粉:関東以北で3~7倍 飛散量予測、昨夏の高温少雨が影響(毎日jp)
ピークは例年、飛散開始から2~3週間後で一般的に、最高気温が高い日▽雨の翌日で晴れた日▽風が強く晴れて乾燥した日--などに多く飛散する。

« 1999年の楽天市場 | ホーム | ロジックが気になりすぎる、Google翻訳の関西弁 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ