ホーム  > 気になるニュース  > アメリカ政府、「デス・スター建造請願」を却下

2013 .01 .15

アメリカ政府、「デス・スター建造請願」を却下

デス・スター、高すぎて建造却下!日本の国家予算84万年分(スポーツ報知)
米ホワイトハウスは13日までに、映画「スターウォーズ」に登場する銀河帝国軍の巨大宇宙要さい兵器「デス・スター」を、実際に建造して雇用創出してほしいとする市民の請願に対して、公式に回答した。建造費用が、85京(850000000000000000!)ドル(約7580京円)かかるとして却下。財政再建が至上テーマのオバマ新政権には、まさに“天文学的”な金額を、費やす余裕はなかったようだ。
請願がどこまで本気だったのかは分からないけど、アメリカのこういうカルチャーは好き。さすが好きなコトバが「自由」、「正義」、「民主主義」な国民性ですな。
同サイトでは、1か月間に2万5000人以上の署名が集まれば、政府が公式に対応するのがルール。過去には「宇宙人と政府が接触していることを認めろ」という請願に、政府が「地球外生命体が存在する証拠はない」とマジメに回答した例もある。
↑マジメだったり↓ウィットだったり。こういう回答は日本では難しいだろうなあ。
(もちろん時と場合によりけり、TPOをわきまえてのことですが)
回答では「政府は惑星破壊を支持しない」「なぜ1人乗り宇宙戦闘機に左右されるような致命的弱点のある施設に、税金をつぎ込まなければならないのか」と、映画の内容も盛り込んで、却下理由を説明。「デス・スターがなくとも、宇宙開発は進んでいる」とした上で、「科学、技術、工学、数学の道を志す者に、“フォース”の加護を!」と、これも映画に登場する用語を借り、キレイに締めくくっている。
たしかに1人乗りの戦闘機に右往左往する始末じゃコストに見合わないよねw
ホワイトハウスは13日までに、政府の宇宙科学担当者名義で回答。「期待されるような答えではない」と冒頭に書き、デス・スター建造は現実的ではない、と却下した。理由はまず、費用。「85京ドル以上がかかるだろう。我々は負債増額ではなく、負債減のために今、尽力しているのだ」と説明した。
ところで根拠にしてる金額がWIREDの記事にある、リーハイ大学の学生たちが計算した金額と全く同じというのは、、、そのまま引用したんじゃね? まあいいけど。

何かと余裕がない世の中だもの、こんなオトナな対応はカッコいいです。

▼関連記事
「デス・スター建設の請願」規定署名数を超える(WIRED.jp)
米国政府に対して『スター・ウォーズ』に登場する宇宙要塞「デス・スター」の建設を求める請願書に25,000人以上が署名していることが、12月13日(米国時間)に明らかになった。
デス・スター建設に必要な費用が判明(WIRED.jp)
同大学で経済学を学ぶ学生たちが、あの「宇宙最大の兵器」のサイズや建造に関する、現在入手可能なあらゆる報告と情報に基づいて計算を行った。最終的にはじき出されたコストは[鉄だけで]852京ドル85京2000兆ドル。もしNASAがいまから建造に取り組むとすれば、世界の国内総生産(GDP)のおよそ13,000倍が必要になる。


« 東京都心と横浜で初雪 | ホーム | 卵子提供を支援する「OD-NET」、登録初日に41人が申し込み »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ