ホーム  > 気になるニュース  > 中村勘三郎、死去

2012 .12 .05

中村勘三郎、死去

歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去 57歳 (日本経済新聞)
歌舞伎俳優でテレビや映画など幅広い分野で活躍した中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、本名=波野哲明=なみの・のりあき)さんが5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため東京都文京区の病院で死去した。57歳だった。
ぼくは特に歌舞伎が好きというわけじゃないけれど、勘九郎(当時)さんが何かのインタビュー(カンブリア宮殿だったかなあ)で語った言葉を覚えています。

それは「型破りと型なし」のこと。

一字一句を覚えてるわけじゃないけど、練習を重ねて型(基本)を備えた人が型を発展させるのが「型破り」。一方、基本がない人がやると、それは「型なし」。

ともすれば目先の売上を上げるためのテクニックだったり、表面的な知識の習得に忙殺される連中も多い業界に身を置いてるわけですが、ぼくが下の子たちにみっちりと仕事や技術の背景から仕込むようにしているのは、この言葉・考え方が強く印象付いているから。もちろん自分自身も「型なし」に陥らないよう務めているつもり。

いくら派手に目立ったところで、言動や立ち居振る舞いで「型」を持ってるかどうかは分かっちゃいますからね。「型なし」は底が浅いし、長くは保たないものです。

歌舞伎に特に興味を持たないぼくでも自分に照らして腹落ちしたのだから、「型破りと型なし」という概念は、どんな世界でも共通する原理・原則だと思います。

57歳。まだまだ「型破り」を体現できる年齢ですよね。。。
10年末から突発性の難聴で活動休止し、11年9月に復帰。同年11月から12年5月まで東京・浅草で「平成中村座」のロングラン公演を行ったが、6月から食道がんで休演。11月に松竹などが「肺の疾患が見つかった」と発表していた。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

« アマゾン「サイバーマンデー7日間限定セール」12月10日より開催 | ホーム | 宝くじの当選確率は、砂漠の中から金粉を探し当てるようなもの »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ