ホーム  > 気になるニュース  > 仙石線、東北本線への乗り入れ運行を2015年度内に開始

2012 .10 .19

仙石線、東北本線への乗り入れ運行を2015年度内に開始

JR仙石線 東北線乗り入れ15年度開始 財政支援など検討(河北新報)
JR東日本と宮城県は18日、東日本大震災で被災したJR仙石線が東北線に乗り入れる計画を正式に発表した。総事業費は約20億円で、県は財政面を含めた支援策を検討する。一部区間で不通が続く仙石線が全線復旧する2015年度中の乗り入れ開始を目指す。
松島町で並行する仙石線の高城町駅と東北本線の松島駅。この付近に線路を新設して接続することで、仙台─石巻の所要時間が片道で10分ほど短縮されるとのこと。

仙石線と東北本線との接続について

» 東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社プレスリリース(PDF)

ヒト・モノ・カネを動かすには少しでも早く、スムーズであった方が移動のストレスも軽減され、効率的です。結果として地域の復興にも寄与することでしょう。
現在の仙台-石巻間の所要時間は、東北線小牛田駅経由で約1時間10分、松島海岸-矢本間で運行する代行バスは約1時間40分。
一方、今回の発表された乗り入れプランによる時間短縮も、いまだ不通となっている5駅分の区間(野蒜、東名、陸前大塚、陸前富山、手樽)が再開されることが前提。
時間短縮もいいけど、仙石線の全面再開を少しでも早めていただきたいのです。

私鉄が存在しない地方では、鉄道交通といえばJR。通勤・通学や生活の移動手段として依存度が高いだけに、仙石線の早期復旧が何よりも期待されていると思います。

不通区間は津波の被害が極めて大きく、線路の移転が必要な地域であったり、黒字会社には国から補助が出ないという事情があったり(だから宮城県が資金や用地で協力している)と、JRにとってもおどげでねぇ事業であることは重々承知であります。

んだども、仙石線の全線再開にあど2年以上も待だねげいげねどなるどやっぱりつらいのっしゃあ。三陸道も国道45号もいづも渋滞ひでぇし車なぐした人もいっぺし。
歩ぐのこわくても病院だ何だって電車さ乗んねげいげねぇ人だづも多いんだあ。

えー途中だいぶ言葉が乱れましたが、、、JR東日本におかれましては仙石線の1日も早い全線再開を心よりお願いしたい所存でございます。

▼関連記事
復興促進に期待 仙石線、15年度東北線乗り入れ(河北新報)
仙石線と東北線の異なる電化方式には、電気が不要なディーゼル車(気動車)で対応し、首都圏で使われている交直流両用の電車は導入しない。
現在の仙石線の下りが東北線に、東北線の上りが仙石線に乗り入れるための接続線整備は、当面は検討しない。
▼関連エントリー
石巻-仙台間の直通列車、1月10日から往復運行を開始

運行計画

« 週刊Webコミック「宇宙刑事ギャバン」、連載スタート | ホーム | 新たな勇者伝説の幕開け─「超合体キングロボ」登場 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ