ホーム  > 小ネタ  > 荒木飛呂彦 責任編集「JOJOmenon」10月5日、発売

2012 .09 .26

荒木飛呂彦 責任編集「JOJOmenon」10月5日、発売

荒木責任編集ムック「JOJOmenon」表紙は承太郎&イギー(コミックナタリー)
「ジョジョの奇妙な冒険」の連載25周年を記念した荒木飛呂彦責任編集のムック「JOJOmenon(ジョジョメノン)」が、10月5日に集英社より発売される。
JOJOmenon (集英社ムック)カバーの承太郎、さすがに20年前(!)のキャラクターなので今だと絵柄が変わってしまってますね。けどジョジョは第1部から第3部がお気に入りなので、承太郎がカバーを飾るのは嬉しいな。

つか「ジョジョメノン」て。
思わず「ジョジョ現象」って脳内変換しちゃいましたよ。
「JOJOmenon」には、荒木の史上最長となるインタビューや、仕事場紹介、「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」のレポートなどを掲載。荒木と画家・山口晃や小説家・円城塔との対談、よしもとばななによる短編小説「ヘブンズ・ドアー」なども収められる。付録の「ジョジョ展」キービジュアルと「ジョジョ」擬音語をあしらったシールも、ファンにはうれしいおまけだ。
「ウルトラジャンプ」は買い逃してしまったので、今回は予約しておかなきゃ。

てか刊行形態はSPURムックなんですね。SPUR本誌と毛色が違いすぎるね・・・

▼参考リンク
SPURから荒木飛呂彦責任編集のムック「ジョジョメノン」、10月5日に発売!(SPUR.JP)

JOJOmenon (集英社ムック)
荒木飛呂彦
集英社
売り上げランキング: 3
【CONTENTS】
・荒木飛呂彦の“夢"を形にした描き下ろし表紙とその絵にまつわる巻頭特集
・史上最長インタビュー 荒木飛呂彦が語る「ジョジョの25年」
・画家とマンガ家、絵を語る。 対談:山口晃
・小説家とマンガ家、物語を語る。 対談:円城塔
・荒木飛呂彦 ニューヨークへ行く
・ジョジョが生まれるアトリエを訪ねて
・よしもとばななによる短編小説「ヘブンズ・ドアー」
・「モードなJOJO」ファッションストーリー
・ジョジョ句会、開きました。
・「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」リポート
・付録:ジョジョ展キービジュアル&ジョジョ擬音語シール
・伝説の短編をフルカラー再録「岸辺露伴 グッチへ行く」。

« 総統閣下もiOS 6の地図アプリ改善を切望しておいでのようです。 | ホーム | アマゾンのデザインが変わった »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ