ホーム  > 気になるニュース  > 金属タワシと乾電池を一緒にゴミ出しすると、発火の恐れアリ

2012 .09 .08

金属タワシと乾電池を一緒にゴミ出しすると、発火の恐れアリ

金属たわし・乾電池、発火にご用心 一緒にごみ出し厳禁(朝日新聞デジタル)
金属製の「スチールウールたわし」が電池と触れると火災の恐れがある――。福岡県大牟田市の市消防署が、市内の一般ごみ加工施設で6月に起きた火災原因を調べて判明した。同消防署は、電池と金属製品を一緒にごみに出さないように注意を呼びかけている。
世田谷区では、乾電池の分別は不燃ゴミ。これは気をつけないと。
同署がさまざまな可能性を調べた結果、スチールウールたわしが電池の端子と接触し、電流が流れて発火した可能性があると判断した。両端子が同じ側にある9ボルト電池を使った再現実験で、発火を確かめた。
乾電池の端子に接触すると危ないということなので、乾電池は個別にビニール袋とかに入れた方が良さそう。そんなに頻繁にスチールウールのゴミは出ないけど、バイクを磨くのに使うんですよね。なのでゴミが出る時はまとまった量が出ちゃう。

忘れないように、気をつけなきゃ。

▼参考リンク
資源・ごみの分別(50音順)(世田谷区)

« 京王バス、「新宿・渋谷─仙台・石巻線」に昼行便を追加 | ホーム | 「海上自衛隊レシピ」の充実っぷりがハンパない »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ