ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 石巻市内中心部で無料のレンタル自転車サービスがスタート

2012 .08 .31

石巻市内中心部で無料のレンタル自転車サービスがスタート

石巻の2仮設商店街で無料レンタサイクル-地元ボランティアが呼びかけ(石巻経済新聞)
石巻市中心部にある仮設商店街「石巻立町復興ふれあい商店街」(石巻市立町2)と「石巻まちなか復興マルシェ」(中央2)で8月25日、無料レンタサイクルサービスが始まった。
石巻の旧市街地を巡るには自転車が便利です。クルマもいいけど、元々道幅が広くないのと、一方通行が多いこと、慣れてないと戸惑う標識があちこちにある(※)ので自転車がオススメです。ぼくも1台買って実家に置いておこうかなぁ。

「指定方向外進行禁止」※ 十字路にある「指定方向外進行禁止」てヤツです。
標識の横に車両制限のただし書きがあって、普通乗用車は直進可能だったりします。

» 道路標識一覧(PDF:国土交通省道路局)

ただ、よく知られるようになった日和山の辺りは距離は短いものの、急な坂道が多いので自転車を降りて押して歩いた方がいいでしょうね。結構キツいです。
貸し出し用の自転車は両商店街合わせて6台。一方の商店街で借りた自転車をもう一方に返却することもできる(火曜のみ、「復興マルシェ」が定休日のため、貸し出し・返却は「ふれあい商店街」のみで受け付け)。
無料というのはありがたいですよね。中央・立町といった旧市街だけでなく、旧北上川の対岸になる湊地区あたりは自転車で行けます。現地で過ごす時間を踏まえると渡波あたりでギリ、女川あたりまで行っちゃうと利用時間内に帰って来れないです。

利用時間は平日10時から17時。土日・祝日は1回2時間までの貸出しだそうです。
同サービスは、震災直後から同市でボランティア活動を続けてきた「チュンさん」の呼び掛けで実現した。使用する自転車は「ピースボート災害ボランティアセンター」がもともと所有していたものやチュンさんが寄贈した中古のもので、チュンさんや個人ボランティア、同商店街の壁画を制作した多摩美術大学の学生らによるイラストが描かれている。
そろそろ暑さの峠も過ぎるころ。これからサイクリングにはいい季節です。

いわゆる被災地としての石巻だけじゃなく、石巻に昔からある田畑の風景や山あいの原っぱ、川べりなんかをサイクリングするのも気持ちいいと思いますよ。

【補足】
  1. 石巻駅前の「駅レンタカー」には有料のレンタル自転車があります。
    » 石巻への移動を、少しでも快適にするための5つの裏ワザ(石巻百景)
  2. 購入する場合は中央2丁目で自転車屋さんが営業しています。
    » 石巻での足に自転車を。(now and then)
▼参考リンク
0826 レンタサイクル計画(イシノマキタチマチ)

« 3.11から1年半を経てもなお続く、巨大余震 | ホーム | カンガルー »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ