ホーム  > 気になるニュース  > google  > ストリートビューのカメラカーが崖下に転落→絶賛放置中

2012 .08 .06

ストリートビューのカメラカーが崖下に転落→絶賛放置中

Google ストリートビュー、カメラカーが崖下に転落[動画](レスポンス)
世界中のさまざまな場所を、ほぼ目線で360度見渡すことができるGoogleの「ストリートビュー」。そのデータ収録用のカメラカーの1台が事故を起こし、無残な姿で発見された。
便利な半面、プライバシーリスクを抱えるGoogleマップのストリートビュー。
全世界で相当な台数が走り回ってるでしょうから、事故もあり得るわけですよね。


インドの山岳地帯で崖下に転落したカメラカー。つか置きっぱって。
このカメラカー、先代オペル『アストラ』がベース。屋根の上のカメラやGPSユニットが、Googleのカメラカーである証だ。車体の錆の進み具合などから、事故から長い時間が経過しているものと推測される。
都市部の事故じゃないだけマシでしょうけど、放置はよろしくないですねぇ。

乗員は無事だったのかな&収集したデータは回収したのかな。つか石投げんな。

« 真夏の水分補給にコーヒー、お茶は逆効果 | ホーム | ハイウェイラジオの「声の主」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ