ホーム  > 気になるモノたち  > チンクエチェント、電気自動車となって発売

2012 .07 .27

チンクエチェント、電気自動車となって発売

ルパンの愛車がEVで復活…フィアット500EV 発売(レスポンス)
ゲッコー・アンド・カンパニーは、電気自動車『フィアット500EV』を発売した。 宮崎駿監督のアニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』に登場したフィアット『500F』をベースに電気自動車に仕上げた。
まんま「チンクエチェント」。かわいいったらありゃしない。

Fiat500Ev(ゲッコー・アンド・カンパニー)

» Fiat500Ev(ゲッコー・アンド・カンパニー)
Fiat500Ev(フィアット500電気自動車)の販売を開始致しました。日本の提携工場にてEv化、日本の公道を走れる状態にした上で引渡しとなります。(車検、登録etc)また、充電設備工事も別途提携電気工事店にて承ることが可能。安心してFiat500Evをご購入頂けます。納期は約2~4ヶ月前後となっております。
60年代の車両を新造してるわけじゃないだろうけど、EV化に併せてメンテナンスしてるだろうし、程度のいいチンクエチェントが手に入る機会とも言えなくもない。
今回発売するフィアット500EVは、顧客の要望に添ってカスタマイズするコンバージョンEVとして販売。街乗りでの利用、あるいは加速感を味わいたいなど、ユーザーニーズに応じ、最高出力は10~100psの範囲で調整した上での納車となる。
けどねぇ。780万円はあまりに高いわ…(保証も1年だし)。
やっぱガソリンエンジン車をレストアした方が面白いかな。

ところで、この方面では有名な発売元のゲッコー・アンド・カンパニー。デロリアンも売ってみたり、スマホやタブレット、挙句に放射線測定器までも売ってみたりと 訳わからん 手広い事業をなさってますねぇ。

▼参考リンク
製品情報一覧(ゲッコー・アンド・カンパニー)

« 「貧乏なひととは、いくらあっても満足しない人」 | ホーム | コミック版「宇宙戦艦ヤマト2199 第1巻」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ