ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon  > アマゾンの荷物が色んな配送業者で届く理由

2012 .07 .10

アマゾンの荷物が色んな配送業者で届く理由

さすがAmazon! 毎度配送業者が変わる謎と答え(日刊サイゾー)
わたしがAmazonで注文しているのは書籍とDVDだ。大きな荷物ではない。それなのに3日連続で配送会社が変わるとは、どういうことなのか。個人的には小林さんに運んでほしい。クロネコヤマトで統一してほしい。しかし、そんな個人的な要望をAmazonに出すわけにはいかない。しかし、配送会社の変更については聞かせていただきたい。

そこで【Amazonカスタマーサービス】に直接聞いてみた。
最近アマゾンから届く荷物を運んできてくれるのは「エコ配」さん。自転車メインで配達するのでコストが安いのがウリらしいけど、ドライバーさんの口臭がキツくてちょっと、、、やっぱりクロネコヤマトがいいよねぇと妙に同意しつつも、アマゾンのサービスポリシーを聞き出した貴重な記事として拝読しました。

曰く、最短の配送を実現するために複数の配送業者を使い分けているのだそう。
「商品によって配送会社が違うのはなぜですか?」

担当者 はい、私どものところでは、一つではなく複数の配送業者を使って、できるだけ早くお客さまにお届けするように手配をさせていただいています。実は、商品によって違うわけではなく、お急ぎ便やお届日時指定便であれば、承れる配送業者さまが限られます。そういった事情で、お客さまにお届けするたびに変わってしまう状況でございます。
アマゾンほどの物量なら、配送業者を1社に絞ればボリュームディスカウントを最大にできる。価格交渉力からすれば業者は1社にするのがセオリーなのに、アマゾンはあくまでも「最短配送」というサービス品質に重きを置いているとのこと。

「言うは易く行うは難し」。これはスゴいことですよ。
複数の配送業者に注文を振り分ける処理だけでも相当に大変だもの。
──複数の配送業者と提携することで、早く届くのですか?

担当者 左様でございますね。一社に頼むよりも、その時の状況で配送業者も、忙しかったり混み合っている状況がございますので、その時は他社に依頼をさせていただくという対応ができるように、幅広い配送業者に依頼の口を開いている状況でございます。
ぼくは経験ないけど日本郵便でも配達されるみたい。

個人的に好印象なのは、ヤマト >> 佐川 > 日本郵便 > エコ配って感じかな。

エコ配を使ってるのはコスト重視だからかと思ってたけど、(コストダウンは当然のこととして)最短配送のための採用という面もあるようですね。

ドライバーの態度や配達の品質もあるので運送会社への改善要望は必要だけど、単に運送会社を切り替えるのではなく、自社の強みを「最短配送」と位置づけて、その質を追求している姿勢は見習わないといけないな。改めてスゴいわ、アマゾンて。

« クリームソーダの作り方 | ホーム | 石巻の老舗割烹「八幡家」、1年4ヶ月ぶりに営業再開 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ