ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > スーパームーン

2012 .05 .05

スーパームーン

週末にスーパームーン、迷信の真偽は?(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)
月が満月を迎えるタイミングと、地球との距離が年間で最も近くなるタイミングが重なる「スーパームーン」現象が、5月5日の夜(日本時間6日の昼頃)に訪れる。
日本時間だとピークは真っ昼間なので、残念ながら見えないですね。

世田谷から5月5日22:24に撮影したお月さま

ということで世田谷から5月5日22:24に撮影したお月さまはこんな感じ。
「年内の通常の満月と比べ、16%大きく、30%明るく見える。大したことはないと思うかもしれないが、明らかにいつもより大きく感じるはずだ」と、イリノイ州シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者ゲザ・ギュク氏は話す。
普段よりかも大きいようには見えないけど、普段よりかも明るくは見えます。
まあ昨日の大雨から一転、雲ひとつない夜空だからかも知れないけど。
今回のスーパームーンでは月と地球の距離は35万6955キロ。月は米東部標準時5日の午後11時34分(日本時間6日午後0時34分)に満月となり、その1分後に近地点に到達する。
Twitterだとハッシュタグ「#supermoon」で各地の様子が見て取れます。

荒天続きだった連休後半に晴れた夜空は、きっとお月さまからからのプレゼント。

▼関連記事
5月5日の夜は、いつもより巨大な「スーパームーン」に注目!(ねとらぼ)

« 友達が使うfacebookアプリが取得していく、あなたの個人情報 | ホーム | GW最終日を襲った強風、大雨、落雷、雹、竜巻 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ