ホーム  > 気になるニュース  > 青野武、死去

2012 .04 .10

青野武、死去

まる子祖父役 青野武さん、9日に永眠 死因は解離性胸部大動脈瘤術のあとの多発性脳梗塞(シネマトゥデイ)
1995年から2010年までテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の“おじいちゃん”さくら友蔵役の2代目を務めた青野武さんが、9日16時38分、解離性胸部大動脈瘤(りゅう)術後、多発性脳梗塞(こうそく)で亡くなったことを所属事務所が発表した。享年75歳だった。
真田さん……

青野武さんといえば、真田技師長(宇宙戦艦ヤマト)、そして海のリハク(北斗の拳)が個人的に思い出深いキャラの2トップ。また名優が逝ってしまった…。

ここ2年ほどは闘病生活を送っていたそうだけど、そうすると73歳ころまで現役で活躍されていたわけですね。もはや重鎮の域に達した方なのに、なんて精力的な活動。
「ちびまる子ちゃん」のおじいちゃん役のほか、「DRAGON BALL ZドラゴンボールZ」の神様役、「ゲゲゲの鬼太郎」のぬらりひょん役などで声優として活躍してきた青野さん。映画『ホーム・アローン』シリーズでジョー・ペシが演じたハリー役を務めるなどハリウッド映画の吹き替えも担当し、テレビドラマや舞台に出演するなど、俳優としても活動していた。
老いも若きも、シリアスもコミカルも、様々なキャラを的確に演じてきた名優でした。担当が15年にも及んだ友蔵は、今でも青野さんの声が脳裏に浮かびます。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

« Honda TVCM「負けるもんか(プロダクト)」篇 | ホーム | 「石巻日日こども新聞」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ