ホーム  > 小ネタ  > 便利ツール  > 未来が垣間見える、「Siriランチャー」

2012 .03 .14

未来が垣間見える、「Siriランチャー」

Siriの音声入力でWebサービスを起動する「Siriランチャー」を作ったら驚くほど便利だったので公開します(Chrome Life)
そこで今回は筆者が作った、iPhoneに搭載されているSiriの音声入力を使ってWebサービスを起動するコマンドランチャー「Siriランチャー」をご紹介したいと思います。

iPhoneに向かって話すだけで、価格を調べたり、Amazonで本を検索したり、食べログでお店を探したり、近くのコンビニを探すことができます。
なにコレすごい。


» Siriランチャー

あくまでHack(Siriの標準機能ではない)ということで定型化されたアプローチでしかないものの、話しかけるだけでここまでできるのか! と感動を禁じえません。

Chrome Lifeで紹介されている、Siriランチャーでできることの一覧は以下。

◯◯の本Amazonで本を検索します。
◯◯の地図Googleマップで検索します。
◯◯の画像Google画像検索を行います。
◯◯の翻訳Google翻訳で翻訳します。
◯◯が食べたい食べログでお店を検索します。
◯◯で◯◯が食べたい場所を指定して食べログでお店を検索します。
◯◯が欲しい楽天で商品を検索します。
◯◯のレシピクックパッドでレシピを検索します。
◯◯の動画Youtubeで動画を検索します。
◯◯をつぶやくtwitterでつぶやきます。
近くの◯◯Googleマップで目的地までの経路を検索します。
ヘルプSiriランチャーのヘルプを開きます。
※その他Googleでウェブ検索します。
流☆号を呼び出すくらいの未来はすぐそこまで来てそうな予感がしますね…。

というか3月8日に日本語版「Siri」がリリースされてから、わずか5日で作って公開する、できることはやってやろうという発想、技術、そしてスピード感がスゴい。
Siriなんて使えねぇって訴えるアメリカとは大違いですわ。

ちと週末に試してみようっと。

▼関連記事
まるでボーカロイド? 日本語版「Siri」に“歌わせてみた”動画が登場(はてなブックマークニュース)
↑これもある種、日本人スゲーって感嘆しますね…。

« NHK「明日へ-支え合おう-」4月8日(日)より放送開始 | ホーム | 春のセンバツ、選手宣誓は石巻工業高校 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ