ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 越直美大津市長、facebookにメディアへの不信を英語で吐露

2012 .03 .02

越直美大津市長、facebookにメディアへの不信を英語で吐露

最年少女性市長、フェイスブックに英語で愚痴(YOMIURI ONLINE)
大津市の越直美市長が28日、インターネットの交流サイト「フェイスブック」に「考えていることがメディアを通じては伝わらない」など、日本の報道への批判をつづった。
事の本質とまったく関係なく「最年少女性市長」なんてタイトル付けたりするんだもの、そりゃ「メディアを通じては伝わらない」と思われて然るべきでしょ。

と、当然ぼくも感じるわけだけど、記事にした読売はある種、評価できます。スルーしなかったわけだしね(根本的に分かってないだけかも知れないけど…)。
越市長は28日朝、自身のフェイスブックに「日本のメディアは、何でこうなんだろう、と思うことが多々あります」「自分自身で発信していく必要性を改めて感じました」と書き込んだ。
日本は言論統制されていないだけ自由がある国です。自由が故にこうしたマスコミ記事も出てくるし、玉石混交のノイズも多い。まあマスコミのクオリティは襟を正して欲しいところがありますね。
越市長は取材に「書いてある通りで、それ以上でも以下でもない」と、具体的な理由は語らなかった。フェイスブックは自分で管理しているといい、「(公私を)切り分けるか、検討している」と話した。
「最年少女性市長」というタイトルを付けるところからして、「具体的な理由」として言わんとしてることだよー。うーむ、本気で分かってないのかな…。

▼参考リンク
こし直美(Facebook)

▼関連エントリー
新座市に誕生した「美しすぎる市議」、立川明日香さん(26歳)

« リクルート「チラシ部!」、3月16日をもってサービス停止 | ホーム | 今月のbk1ギフト券 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ