ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 本城慎之介さん、南三陸町に集団移転用の土地を寄付

2012 .01 .10

本城慎之介さん、南三陸町に集団移転用の土地を寄付

楽天元副社長が南三陸町に高台土地寄付(TBC東北放送)
南三陸町で、以前、集団移転のために町が取得しようとして断念した土地を、楽天の元副社長が町に寄付し、町側もこれを受け入れることが分かりました。
本城さん、スゴいなあ。ありがとうございます。
町の関係者などによりますと、先月、楽天の元副社長の本城愼之介氏がこのゴルフ場開発跡地を業者から買取り、町へ寄付すると届けでていたことが分かりました。
孫さんの100億円、三木谷さんの10億円、柳井さんの10億円とか、現ナマの寄付は現地で活用されるまで時間がかかったり、個人単位のサポートで終わることが多かったりするけど(もちろんすごくありがたいこと)、こうして現地のニーズに即して求められるタイミングで支援するというのも、すごく良い支援の在り方。
南三陸町では、去年、高台への集団移転の候補地として、町内のゴルフ場開発跡地106ヘクタールを約9300万円で取得する議案が提出されていました。
ぼくにはこんな寄付どころか、じぶん家のことだけで精いっぱいなのが悔しいなあ…。まあ自分ができる範囲でがんばるしかないわけですけどね。

いつまでも「楽天」て名前ばかりひとり歩きして欲しくはないけど(分かりやすいアイコンだからしょうがないけどね)、こうしたニュースはもっと広まってほしいな。

▼参考リンク
雑記

▼関連記事
南三陸町が高台移転用地を取得 楽天元副社長が購入寄付(河北新報)
土地登記によると2011年12月に、所有する東京の投資会社から本城氏が土地を購入、26日に南三陸町に寄付された。同月下旬に都内で佐藤仁町長と面会した本城氏が土地を寄付する意向を示し、町が受け入れた。
本城氏はインターネット仮想商店街「楽天市場」の創設に関わった。震災後はボランティアで南三陸町を訪れたほか、11年8月に開かれた「子ども夢花火」の資金確保のため、打ち上げる花火を楽天市場の仮想店舗で購入してもらうアイデアなどを提案した。

« だれでも無料で受験勉強できるサイト「manavee」 | ホーム | 原発監視システムのトラブル、原因は「メモリ枯渇」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ