ホーム  > 気になるニュース  > 広告  > ラッピング(広告)トラックの是非

2011 .11 .12

ラッピング(広告)トラックの是非

“抜け道”走る広告トラック(MSN産経ニュース)
街の景観を損なうとして、東京都は条例を改正して、10月1日からアドトラックの規制に乗り出している。しかし、以前に登録した車両には規制が及ばないことなどから、目立った効果は出ていない。
広告を見せるためだけに走り回ってるトラックって、どれだけ効果あるんだろうか。

ある程度の認知は得られるかも知れないけど、個人的には騒音と排気ガスを撒き散らかしてるだけという印象の方が強い。

じゃあEVだったら排ガス出ないからいいよねってことでもない。そもそも邪魔だし。
目立てはOKって考え方は改めたほうがいいよね、広告って。

元記事、せっかく斬り込んだんだからもう少し突っ込んで欲しかったなあ。

▼参考リンク
トラックのラッピング広告は違法にすればいいのに。(ひろゆき@オープンSNS)
タダでさえ混雑している都会の道路を広告のために余計に混雑させたりしてるわけです。道路に広告板を置くのは違法なわけです。
交通のためではなく広告宣伝のために道路を利用するのは、他の人の迷惑になるしいかがなものかなぁと思うわけです。

« 「Siri」は5,000文を元に、あらゆる文章を読み上げる | ホーム | ガーデンプレイスのシャンデリア・イルミネーション »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ