ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 3代目「ASIMO」、登場

2011 .11 .08

3代目「ASIMO」、登場

ホンダ、性能を大幅アップさせた3代目ASIMOを発表(マイナビニュース)
本田技研工業(ホンダ)は11月8日、世界初の自律行動制御技術を新たに搭載した「新型ASIMO」(3代目)を発表した
人型ロボットも今や数あれど、やっぱりASIMOはかわいいなあ。

新型ASIMO

» ASIMO(Honda)

キャプチャは「3人が同時に発する言葉を聞き分けるASIMO」。機能的にもすごいことだけど、何よりしぐさがかわいい。ASIMOってヒトに優しいデザインですよね。
3代目ASIMOは自立性がさらに高まり、人の操作を介在せずに連続して動き続けることが可能になったことが特徴の1つ。また、知能面、身体面共に状況適応能力が格段に向上したことで、多くの人が行き交うリパブリックスペースやオフィスといった環境での実用化にまた一歩近づいたとしている。
ASIMOの研究から派生した技術はあれど、ASIMO単体ではまだまだヒトの暮らしと共にあるのは難しい。それでも地道に研究を続ける姿勢に頭が下がります。

何といっても開発してるのはホンダ。自動車/バイクメーカーですからね。
ASIMOの本業に対する貢献度はよく分からないけど、やる続ける姿勢がホンダらしいといえばホンダらしい(本業に貢献してなくてごめんなさい…)。

少子高齢化が避けられない日本にとって、ヒトに寄り添ってくれるロボットは欠かせない存在になるでしょう。ASIMOに寄せる期待は小さくありません。

アトムを目指して。実用化に向けて、引き続きよろしくお願いします!

▼参考リンク
新型ASIMO(Honda)
「新型ASIMO」は、周囲の人の動きに合わせて自ら行動する「判断」能力を備えたことによって、これまでの「自動機械」から「自律機械」へと進化しました。
Hondaは、自律機械としてのロボットに必要な要素を3つに定め、これらを実現する技術を開発しました。

<Hondaが定めた自律機械としてのロボットに必要な要素>
  1. とっさに足を出して姿勢を保つ「高次元姿勢バランス」
  2. 周囲の人の動きなどの変化を複数のセンサーからの情報を総合して推定する「外界認識」
  3. 集めた情報から予測して、人の操作の介在なしに自ら次の行動を判断する「自律行動生成」
これらの能力が備わったことで、「新型ASIMO」は人と共存する環境下での実用化にまた一歩近づきました。

« 東京都、震災ガレキの受け入れ開始 | ホーム | facebookのコメントもGoogleの検索対象に »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ