ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > NHK職員の平均年収は1,041万円

2011 .10 .04

NHK職員の平均年収は1,041万円

NHK職員平均年収1041万円で受信料値上げ希望(YUCASEE MEDIA)
NHK(日本放送協会)の職員の平均給与は1041万円ということが28日の参院予算委員会で、NHK元職員の小宮山洋子厚労相の答弁でわかった。
まあ「平均」なので上下の幅があるわけだけど、、、いいなあ。

震災時の24時間放送や世界に誇るハイビジョン、高品質なドキュメンタリーなど、決して楽な仕事ではないし、NHKならではのクオリティがあることは事実でしょう。

そうは言っても個人の保険負担も少なめというのは、、、いいなあ。
桜井氏は「しかもNHKの保険の負担は事業主負担62、本人38です。こんなに恵まれているのに、受信料を上げようなんて」と指摘。野田首相は「不公平感があるなと思う」とした。
NHK職員と比べると国家公務員が(意外と)フツーに思えちゃいますね。
年間の平均給与について小宮山大臣は「平均給与は1041万円、国家公務員の保険料の基礎となる平均給与は658万円です」と答弁した。平均年収と保険料率は次のとおり。

        平均年収  保険料率
NHK職員   1041万円 5.35% 
国家公務員   658万円  6.71%
中小企業社員  371万円  9.34%
大卒初任給は213,360円(平成23年度実績)。極端に高いわけじゃないですね。やっぱ勤続年数が長いのかな。

まあぼくは飽きっぽいからムリだな。

▼参考リンク
NHK職員採用情報

« Kindle Fireの「Silk」ブラウザにプライバシーリスクの懸念 | ホーム | あながちネタとも言い切れない、ソーシャルゲーム「グリー退会」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ