ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 就任9日で辞任した鉢呂経産相とメディアの姿勢

2011 .09 .12

就任9日で辞任した鉢呂経産相とメディアの姿勢

鉢呂経産相、わずか9日で辞任-「放射能」発言などで引責(IBTimes)
鉢呂吉雄経済産業相は10日夜、福島第一原発事故をめぐる言動に問題があったことの責任を取り、野田佳彦首相に辞表を提出し、受理された。今月2日に発足したばかりの野田政権は、わずか9日目にして閣僚が辞任することになった。
今さらな話題だけど、どうも表立って報道されない背景がありそう。

「死の町」発言は記者会見でのことなので公然の事実。
福島原発周辺は「死の町」 鉢呂経産相、福島視察で(MSN産経ニュース)
鉢呂吉雄経済産業相は9日の閣議後の記者会見で、前日に視察した福島県の東京電力福島第1原発などについて感想を述べ、「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない『死の町』だった」と語った。
言葉は選ぶべきだけど、実際「死の町」でしょう。「ゴーストタウン」だったらよかったのかな。

いささか言葉足らず、もしくは単語だけが報道でひとり歩きしてしまった「死の町」発言と違い、辞任のもう一つの要素となった「放射能うつしてやる云々」は公開の塲での発言ではないので、実のところ真偽は不明。

鉢呂さん本人も言ったかどうか定かでないそうだけど、各社の報道自体も合致していない。
鉢呂吉雄経済産業相は「放射能」について本当は何と言ったのか(愛・蔵太のもう少し調べて書きたい日記)
「放射能をうつしてやる」(産経新聞)

「放射能をうつしてやる」(共同通信)

「放射能をつけちゃうぞ」(朝日新聞)

「放射能をつけたぞ」(毎日新聞)

「ほら、放射能」(読売新聞)
正にlovelovedogさんの仰る通り。
お前ら、「伝聞」じゃなくて「ちゃんと言ったはずのこと」も記事として統一できないのな。
伝聞でもないことも合致してないのでは言質とは言えないでしょう。

大臣辞めてしまって視察のコストはムダになるし、政策執行に空白ができるだけ。

震災や原発の復旧は待ったなしなんだから、仕事してもらって、その結果で評価しましょうよ。揚げ足取りみたいな報道に時間かけてる暇なんてないでしょう?
鉢呂経済産業大臣 辞任会見(BLOGOS)
所属、氏名不明「一連の発言と仰いますけども、具体的にどういう発言をしたのか?具体的に言ってもらわないとなぜ辞めるのかわかりません」

所属、氏名不明「具体的にどう仰ったんですか?
あなたね、国務大臣をお辞めになられる、その理由ぐらいきちんと説明しなさい」

所属、氏名不明「定かな記憶がないのに辞めるんですか。定かな事だから辞めるんでしょう。きちんと説明ぐらいしなさい、最後ぐらい」

所属、氏名不明「何を言って不振を抱かせたか説明しろって言ってんだよ」
…記者会見をノーカットで放送する番組がもっとあってもいいかもね。


Video streaming by Ustream
「何を言って不振を抱かせたか説明しろって言ってんだよ!」発言は15:42。

« 『河北新報 特別縮刷版』3.11東日本大震災1ヵ月の記録 | ホーム | 日本製紙、石巻工場が16日に生産再開 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ