ホーム  > オンライン書店・本屋  > ボーダーズ、精算へ

2011 .07 .20

ボーダーズ、精算へ

米書店チェーン2位、清算へ ボーダーズ399店閉店(asahi.com)
今年2月に倒産した米書店チェーン2位のボーダーズが清算の手続きに入る、と発表した。米連邦破産法を活用して復活を目指したが、再建に不可欠なスポンサーが見つからなかった。電子書籍隆盛の陰で、米国にある全399店は今秋までに消えることになる。
ボーダーズに買い手はつかず、か…。ぼくが本屋をしてた頃、まさかボーダーズが倒産する日が来ようとは思ってもみなかった。

borders.com

» BORDERS

バーンズ・アンド・ノーブルは疲弊しつつも変化することに挑戦してるけど、ボーダーズは一歩及ばなかったですかね。
同社は1971年創業。品ぞろえの豊富な大型店を展開し、ピークの2005年には1200店超を抱えた。しかし米アマゾンなどの書籍のネット通販に押され、電子書籍の普及が追い打ちをかけた。売り上げが低迷するなか店舗維持費と人件費が重荷となり、06年度から赤字が続いていた。
今年の9月までには400店余りの店舗が閉店し、約1万7,000人の従業員は職を失うことになるとのこと。

書店として、変化し続ける市場にタイムリーに対応できるか否か。あるいは既存のビジネスモデルから新たなビジネスモデルに脱却できるか否か。

日本の書店業界にとっても、決して対岸の火事ではないでしょうね。

▼関連エントリー
ボーダーズ、破産法申請へ

« 女性モード誌「SPUR」に岸辺露伴の新作短編が掲載 | ホーム | 新「MacBook Air」、買うべきか? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ