ホーム  > オンライン書店・本屋  > ボーダーズ、破産法申請へ

2011 .02 .13

ボーダーズ、破産法申請へ

米書店2位が破産法申請へ、米報道 電子書籍普及で低迷(asahi.com)
米書店チェーン2位のボーダーズ・グループ(本社・ミシガン州)が来週にも米連邦破産法11条を申請して倒産する見通しになった。複数の米メディアが11日報じた。ネット経由の書籍販売や電子書籍の普及で業績低迷が続いていた。
ボーダーズが破産申請ですって。
米メディアによると、同社は14日か15日に破産法を申請。その後も業務を続けるが、670超ある店舗の約3分の1を閉鎖し、2万人弱の従業員のうち数千人を解雇する見通しという。
Amazon.comにおいては電子書籍の売上がペーパーバックの売上を超えたそうだけど、紙が電子書籍に取って変わられるとは個人的には思えない。けどネット販売も電子ブック端末も、取り揃えてればいいってだけじゃダメなんだろうね。店舗を構える書店としては全米1位のバーンズ・アンド・ノーブルでさえ疲弊してるわけだし。
しかしここ数年は米アマゾンなどの無店舗型の書籍販売が急速に伸びたことに加え、最近はアマゾンの「キンドル」などの電子書籍も成長。自ら電子書籍端末も手がけたが減収は止まらず、直近の2010年8~10月期の売上高は前年同期比18%減で、3四半期連続の純損失だった。
同業種で競い合ってたのは今は昔。業界の垣根を超えた競争を見据えてないと、足元をすくわれてしまうご時世ですね…。

結構ショックだなぁ。

▼参考リンク
Borders

« CMスキップ録画機が姿を消す | ホーム | ガッキー縦ノリ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ