ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > Twitterで日本語のハッシュタグが利用可能に

2011 .07 .13

Twitterで日本語のハッシュタグが利用可能に

Twitter、日本語ハッシュタグが利用可能に(INTERNET Watch)
Twitterは13日、ハッシュタグに日本語が使えるようになったと発表した。

ハッシュタグとは、ツイートの中に「#」で始まる単語を付加することで、同じ話題のツイートを他のユーザーから見つけやすくする機能。これまではアルファベットと数字しか使えず、例えば地震に関しては「#jishin」というハッシュタグが使われていた。
さっそく日本語のハッシュタグが付加されたツイートがたくさん出てきてますね。どうしても #宮城とか #原発あたりのハッシュタグが気になってしまいますが。

まだツイートを追う目が慣れないけど、さすがに日本語はパッと判別できます。
13日以降、ハッシュタグにひらがな、カタカナ、漢字、ハングル、キリル文字が使用できるようになった。このため、「#jishin」の代わりに「#地震」といったハッシュタグが使えるようになった。
あ、あと英字にありがちなタイプミスが減るって効能もありますね。

とはいえ日本語の厄介なところは、は少なくとも「ひらがな」「カタカナ」「漢字」と3つの文字種が存在すること。「#モテたい」と「#もてたい」「#持てたい」は別モノになってしまう。

「宮城」とか「東北」「原発」なんて1ワードならこうした「ゆらぎ」も起きづらいでしょうけど、言語構造的にはハッシュタグが分散する可能性があります。

まあツイートに大きな潮流が起きた時(震災の時とか)はハッシュタグがある程度自然に収斂されていったように見えたので、あまり心配しなくてもいいのかも。

それよりか、Twitter公式ブログが何故に「らき☆すた」と「まどか☆マギカ」を例えにしたのかが謎。いや、確かにとても分かりやすい例えではあるけど…。
#日本語ハッシュタグ(Twitterブログ)
<記号や絵文字は使用できません>
☆や♪のような記号や、携帯で使われている絵文字は、ハッシュタグの中では使用できません。ですので、例えば「#らき☆すた」や「#まどか☆マギカ」などはハッシュタグとして認識されないので、ご注意ください。
▼関連記事
「#日本語ハッシュタグ」 Twitterが対応(ITmedia ニュース)
現時点では長音記号(ー、音引き)でタグが切れてしまうことがあるので注意が必要だ。「#阪神タイガース」は「#阪神タイガ」、「#仮面ライダー」は「#仮面ライダ」、「#オーズ」は「#オ」というタグになってしまう。半角カナ「#阪神タイガース」「#仮面ライダー」ならOKのようだ。


« 国仲涼子、9年ぶりの写真集『COLORS』 | ホーム | 企業ロゴに「小文字」が増えてきている理由 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ