ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 九州電力、原発再開に向けた賛成意見を自作自演

2011 .07 .06

九州電力、原発再開に向けた賛成意見を自作自演

九電、再稼働賛成メール送信指示…一般市民装い(YOMIURI ONLINE)
九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働問題で、経済産業省が6月に佐賀市で開いた県民説明会について、九電の真部利応社長が6日、記者会見し、同社が子会社4社と一部社員に対し、一般市民を装い、再稼働に賛成する意見を電子メールで説明会に送るよう指示していたと発表した。
バレないなんてことは絶対ないのに、何でこんなことするのかなぁ。
読売新聞はこのメールに関して、2日に九電広報部に事実関係の確認を求めたが、九電は「常識的にそんな指示をすることはありえない」と回答していた。
皮肉なことに、自分たちは常識的な会社じゃないって裏付けちゃいましたね。
九電によると、メールは先月22日、九電本社原子力発電本部の課長級社員のアドレスから、子会社4社と九電の玄海原発、川内原発、川内原子力総合事務所のそれぞれ中間クラスの職員に送信。「説明会の進行に応じ、発電再開を容認する一国民の立場から真摯に、かつ県民の共感を得るような意見や質問を発信」するよう求めていた。職場ではなく、自宅からネットに接続することも指示していたという。
朝日の記事にはメール文面の写真が掲載されてますが、ご丁寧に「会社のPCでは処理能力が低いこと等から、是非、ご自宅のPCからのアクセスを御願い致します」と書かれています。会社のIPアドレスから送信されたとバレないように配慮したんでしょうか。メールで指示してるって時点で明確なエビデンスになるんですけどね。
経産省によると、意見や質問は説明会の開催前日の午前10時から番組終了時まで受け付け、メール473件、ファクス116件が寄せられた。再稼働への賛否の内訳はメールが賛成226、反対119、その他128。ファクスが賛成60、反対44、その他12だった。
メールの送信先となった4社(西日本プラント工業、九電産業、西日本技術開発、ニシム電子工業)の社員数は約2,300人だそうですが、賛成意見すべてが「やらせ」だったとしても母数(2,300人)からすると極少数。指示に従った人は多くはなかったようです。良識を持った人たちがいてくれたことに、少し安堵しています。

ともあれ、こんなスキャンダルが露呈したのでは他の電力会社は涙目ですねぇ。

[追記]
日経に出てた「やらせ依頼メール」全文の魚拓がありました。
変な工作はしないことですね。必ずバレますって。

» (cache) 九州電力「やらせメール」依頼の全文  :日本経済新

« 松本龍震災復興担当大臣 on YOMIURI ONLINE | ホーム | 6月の熱中症搬送、すでに昨年の3倍に »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ