ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > Twitterに他人(フォロー相手)のタイムライン表示機能が復活

2011 .05 .30

Twitterに他人(フォロー相手)のタイムライン表示機能が復活

Twitterで人のタイムラインが見えるようになった(TechCrunch Japan)
先ほどTwitterがちょっと気の利いた新機能を公開した。他のユーザーのプロフィールページへ行き「フォローしている(following)」リンクをクリックすると、その人がTwitterを見ているのと全く同じものを見える。つまり、そのユーザーのメインフィードと同じタイムラインを見ることができる。
以前はTwiRouletteとかを使わないと見れなかった(見れない場合もある)「他人のタイムライン」表示がTwitterで可能(正確には「復活」)になりました。

一瞬プライバシー的にどうのかなあと思ったけど、あくまでも見えるのは「公開されてるタイムライン」だけ。非公開のDM(ダイレクトメッセージ)とかまで見えるわけじゃないし、むしろ面白いですよこれは。

フォロー相手自身のツイートは表示されないので、その人(フォロー相手)がどんなタイムラインを見てるかスッキリと見れます。
当然ながらフォローしていない相手のプロテクトされたツイートを見ることはできない。もう一点、この機能によって表示されるのは私が見ているものと〈厳密に〉同じではない。私には私自身のツイートも見えているが、それらは私の〈フォローしている〉ストリームからは除かれているからだ(たしかに私は自分をフォローしていないから理にかなってはいる ― もし可能ならフォローするところだが)。
今まではユーザー単位で辿っていくしかなかったけど、この機能だとさくっとどんなツイートしてるかを確認できるので、興味を惹く人のチェックが芋づる式にカンタンにできちゃいます。

まあ他人から見られるってことは自分のも見られるってこと。
も少し身のあるツイートをしたいところですね。。。

▼関連記事
Twitter.com、フォローしている人のタイムラインが表示可能に(INTERNET Watch)
フォローしているユーザーのTLを確認するには、そのユーザーのプロフィールページにおいて「フォローしている」タブをクリックした上で、「タイムラインを表示」を選べばよい。
2年前、Twitterがある機能を削除した ― つい最近復活したあれだ(TechCrunch Japan)
先週の木曜日(米国時間5/26)、Twitterがちょっとした新機能を公開し、かなりの好評を得た(*1)。要するに、他のユーザーがTwitterで見ているのと同じものを、誰でも見られるようになった。例えば、私のプロフィールの「フォローしている人」リンクをクリックすると、私がフォローしている人たちの(公開)ツイートすべてを含むメインツイートストリームを見られる。こいつはいい。しかし、実はこれ、新しくも何ともない。
あの人のタイムラインを見てみたいなぁ、を実現する『TwiRoulette』(100SHIKI)
他の人になりきってタイムラインを見ることができるサービス。


« 新垣結衣、久しぶりの連ドラは7月の「月9」 | ホーム | 眞鍋かをり、約1年半ぶりに公式ブログを再開 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ