ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ソフトバンク孫社長、個人で100億円を寄付

2011 .04 .03

ソフトバンク孫社長、個人で100億円を寄付

【東日本大震災】ソフトバンクの孫正義氏が100億円寄付 震災孤児ら支援(MSN産経ニュース)
ソフトバンクの孫正義社長は3日、東日本大震災での被災者支援のため、個人資産から100億円を寄付すると発表した。また、平成23年度から引退までの孫社長の報酬全額も、震災で両親を亡くした孤児の支援として寄付する。
100億円って額もスゴイけど、引退するまでの報酬全額も寄付って…ハンパないわ。
孫社長の平成21年度の報酬は1億800万円。
孫さんの資産額は日本人としては第1位(フォーブス世界長者番付・億万長者ランキング 2011年)。6,700億円の資産からすれば100億円の寄付も1.5%くらいと思ってしまうけど、資産額の多くは株や債権だったりするわけで。現金100億円はやはり少なくない額でしょう。しかも経営を退くまでの役員報酬も。何という覚悟…。

他にも災害が起きないとは限らないので余力は残しててくださいね、なんて少し心配になっちゃう。すごくありがたいけど。

▼参考リンク
東日本大震災に対する義援金・支援金の寄付について(ソフトバンク株式会社)

▼関連記事
ソフトバンク孫社長、個人で100億円寄付(YOMIURI ONLINE)
寄付金は、日本赤十字社や赤い羽根共同募金などへ送るほか、非営利組織(NPO)やボランティア団体にも寄付する。震災遺児の生活と勉学の支援にも役立ててほしいとしている。
▼関連エントリー
フォーブス「世界長者番付 2011」

« 「Operation Tomodachi」ワッペン | ホーム | 被災地で営業中のガソリンスタンド一覧、石油各社が公開 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ