ホーム  > 小ネタ  > 断水・停電時の水洗トイレの流し方

2011 .03 .14

断水・停電時の水洗トイレの流し方

断水・給水制限・停電時のトイレ使用について(TOTO)
断水になると便器の水を流せなくなります。またネオレストやウォッシュレット一体形便器など、リモコンでの洗浄を行っている製品では、停電時にも便器の水を流せなくなります。

状況に合わせて次の方法で対応してください。
我が家で準備している風呂桶の水はトイレ用なのですが、TOTOから実際どうやるかってところが紹介されてました。

» 断水・給水制限・停電時のトイレ使用について(TOTO)

断水・給水制限・停電時のトイレ使用についてほとんどの家庭のトイレはもう水洗でしょうから衛生面で優れている反面、断水や停電になると流せなくなります。なのでバケツで汲んだ水を直接便器にぶち込んで流してやるのですな。

ふだんは何気なくレバーをひねってるだけですが、かなりの水量が必要とのこと。
渇水対策などにて、水道事業体が夜間断水などを実施されますと、断水時間中は水を使用できなくなり、通常の便器洗浄が出来なくなります。
そのような場合には、バケツ等に水をくみ、直接便器内へ流すことで、便器洗浄が可能です。

<洗浄方法>
  1. オート便器洗浄・オート開閉機能があるウォシュレット・ウォシュレット一体形便器をご使用の場合は、それぞれのオート機能を「切り」にしてください。オート便器洗浄は、断水時間中「切り」のままにしてください。
  2. 便座・便ふたを上げてください。
  3. バケツ1杯(5~6L)の水を、水飛びに注意しながらボウル面に一気に流し込み、さらに静かに3~4Lの水を注いでください。ただし、この水量では便器の汚物を排出する事ができても、排水管の途中に汚物が停滞することがありますので2~3回に一度は、バケツ2杯分(10~12L)を流してください。
トイレが流せなくなると、家族であっても見せたくない・見られたくない感情の面もあるし、衛生上マズい面が出てきます。

非常時のワザとして、要チェックです。

« 震源地の推移 | ホーム | Googleの衛星写真のおかげで実家が確認できました »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ