ホーム  > 気になるニュース  > apple  > App Storeで定期購読サービス開始

2011 .02 .18

App Storeで定期購読サービス開始

Apple、App Storeでの定期購読サービスを発表――外部サイトでの販売も可能に(ITmedia News)
米Appleは2月16日(現地時間)、iOS向けアプリストアApp Storeで雑誌や動画、音楽などのコンテンツアプリの定期購読サービスを開始すると発表した。3日に米News Corp.がスタートしたiPad向け新聞「Daily」と同等のシステムを、ほかのパブリッシャーも利用できるようになる。
定期購読サービスの概念自体は目新しいものではないし、需要規模も分からないんだけど、それはさておきAppleの殿様商売に拍車がかかってるのが鼻に付くなあ。
Appleは今回、パブリッシャーが自社サイトなどのApp Store外で定期購読サービスを行うことを認めており、その場合は100%パブリッシャーの収益になるとしている。
自社で売ったら取り分は自分のモノって、それ当たり前だよね。
パブリッシャーが自社サイトである雑誌の定期購読サービスを行うのであれば、同じ雑誌を同じもしくはよりよい条件でApp Store内でも定期販売する必要がある。さらに、そうしたコンテンツ内には顧客を自社サイトなどに誘導するリンクを含めることができない。
Appleのプラットフォームで売るからには他のどこよりも価値を高めよ、と。

確かに魅力的な製品を揃えるAppleの集客力は無視できないものがあるけど、こういう高飛車(に見えるねぇどうしても)なやり方はいつまで通用するんだろう。

GoogleのAndroidを変に持ち上げる気はないけど、売り手にしても買い手にしても、ある程度選択の余地がある健全な競争は必要だね。

とはいえ、Appleのブランディングとマーケティングに打ち勝つ競合はなかなか見当たらないのだけど。



« TSUTAYA、店頭「自炊」サービス開始 | ホーム | 購買履歴はいいけど、閲覧履歴はイヤ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ