ホーム  > オンライン書店・本屋  > amazon , 小ネタ  > 「仇討ちならアマゾン」

2011 .02 .06

「仇討ちならアマゾン」

「仇討ちならアマゾン」から「世界を救うアマゾン公式サイト」まで(ITmedia News)
検索結果ページでよく見かける「〇〇ならアマゾン」というAmazon.co.jpの広告が面白いと、Twitterで話題になっている。「どうせならアマゾン」という意味がよく分からないものから、「毒殺ならアマゾン」などちょっと物騒なものまで、〇〇に入る言葉はもはや何でもありな状態だ。
確かに「仇討ち」出たw

仇討ちならアマゾン

アマゾン内部の検索クエリーやリファラーから語句を自動生成して自動入札してる感じかな。アマゾンのことだからたぶん人手はかけてないと思うけど、だからこそ意表をつくリスティング広告になるんだろうね。
「〇〇アマゾン公式サイト」と表示されるパターンもあり、「世界を救うアマゾン公式サイト」などちょっと壮大な気持ちになるものから「明日はないアマゾン公式サイト」と哀愁ただよう例までいろいろ。果ては「妹ぺろぺろアマゾン公式サイト」まで。アマゾンは偉大である。
「konozama(このざま)」と揶揄されつつもこうしてネタにされるんだから偉大ですよ。ほんと。

▼参考リンク
Search - #naraamazon(Twitter)

« バイク用の低燃費タイヤ「エナセーブ」 | ホーム | 東京メトロと都営地下鉄の経営統合、見送りへ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ