ホーム  > 気になるニュース  > 引越し時の原状回復、壁に開けた画びょうの穴は「OK」

2011 .01 .29

引越し時の原状回復、壁に開けた画びょうの穴は「OK」

賃貸退去時の「原状回復義務」ってどこまでしたらいい?(web R25)
部屋をキレイに掃除して退去したつもりなのに、戻ってきた敷金が少ない…そんな経験を持つ人も多いはず。敷金の戻り額は、部屋の原状回復義務を果たしているかどうかで決まるみたいだけど、そもそも「原状回復」って何? 敷金トラブルに関するプロ「敷金診断士」を養成するNPO日本住宅性能検査協会理事長の大谷昭二さんにお話をうかがった。
一昨年の引っ越しでは前居をかなーり徹底的に掃除してきたんですが、その甲斐あってか敷金はほぼ満額返ってきました。

キッチン周りの油汚れはブレーキクリーナー、シンクやコンロ周りのサビ・腐食はボンスター、収納ドアとかの化粧合板に付いたヤニはシールドクリーナーと、色々総動員して掃除しました。水まわりがキレイだと全然印象が違うんですよね。

そうして迎えた不動産屋さんとの退去立会い。「キレイにつかっていただいて」と言ってもらえたですよ。けど壁紙の日焼けは取りきれないし、2箇所だけだけど画鋲の穴もあったし、ふすまの内側が少し破けてたりとかあって結構ドキドキだったんですけどね。
「壁や畳、クロスの日焼けは、自然損耗のためOK。たたみやカーペットについたタンスやベッドなどの跡もOK。貸主は上に物を置くことを見越しています。画鋲の穴もOKです。家賃の対価として部屋を自由に使っていいというのが原則。カレンダーを壁にはったりするのは、通常の使用の範囲内です。」

ほかにも、タバコのヤニは洗浄して落ちる程度であれば問題ないという。
普段から掃除はしているものの、家具をどかしたら気がつく汚れもあるもの。
カビや油汚れなどの発生は、善管注意義務違反のため借主負担のクリーニングが必要。ただし、結露やカビについては建物の構造上発生しやすいケースもあるので、一概に入居者の責任とは言えない場合もあります。また、壁や床につけてしまったキズは、故意・過失による損耗のため借主負担ですが、ホームセンターで売っているグッズで自己修理をすれば十分。
荷物を搬出してから(気持ちはすでに新居でしょうけど)旧居に戻って掃除するのはやっぱりしておいた方がいいです。家具がない分、掃除もし易いですし。

まあ長年の汚れは一度で落としきれないこともあるので、普段から掃除しておくのが一番確実なベストプラクティスですね。

敷金を100%取り戻す本
敷金を100%取り戻す本
posted with amazlet at 11.01.29
臼井 秀利 賃貸派同盟
データハウス
売り上げランキング: 521227


« あまった年賀状の使い道 | ホーム | オムライスのルーツは「まかない飯」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ