ホーム  > 小ネタ  > あまった年賀状の使い道

2011 .01 .28

あまった年賀状の使い道

「余った年賀状」はどうしたらいいの!? 案外知られていない未使用はがきの有効活用法(ダイヤモンド・オンライン)
返信分を見込んで多めに頼んだ年賀状が余る──年が明けてしばらくしたこの時期、未使用年賀状の処理に困ることはないだろうか。
手数料を払えば切手やハガキに交換してもらえることは知ってるけど、その手数料っていくらだったかなあと思い出せずに、何枚か余ったり書き損じた年賀状が地味に数年分溜まってたりします。
紙飛行機にして飛ばすのもいいが、一番オトナな行動は「郵便局へ持っていく」ことだろう。未使用品や書き損じの年賀はがきを郵便局に持ち込むと、1枚あたり5円で通常のはがきや切手に交換してくれる。知らない人も案外多いのでは?
日本郵便に交換できるアイテムの一覧表があったんですね。全然気づかなかった。

» 書き損じはがきの交換(日本郵便)

急に不幸があって使わなくなった年賀状の場合は、無料で切手やハガキに交換してくれるんですね。これは良いサービス。
近親者のご不幸による服喪のため、ご利用いただけなくなったお年玉付年賀はがき・寄附金付お年玉付年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換いたします。
交換してもらるのなら、紙飛行機にするんじゃなくて(w)再利用したいですね。

(今度こそ)覚えておこうっと。

« Yahoo!ニュースからリンクされてビックリしたでござる。 | ホーム | 引越し時の原状回復、壁に開けた画びょうの穴は「OK」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ